レンタルサーバ

【ConoHa WING】WordPressインストール・移行方法まとめ

 

この記事では ConoHa WING レンタルサーバーの WordPress インストール・移行方法を紹介しています。
 

  1. 初期ドメインでの WordPress インストール
  2. 独自ドメインを使った WordPress インストール
  3. 他サーバーからの WordPress サイトの移行

の順番で紹介していますので、目的に合わせてお読みください。
 
 

ConoHa WING は国内最速のレンタルサーバーです。料金・メリット・デメリットはこちらの記事で紹介しています。

2019年からのレンタルサーバーは国内最速「ConoHa WING」がおすすめ 「ConoHa WING」というレンタルサーバーをご存じですか? レンタルサーバーというと さくらのレンタルサーバ ...

 


 

初期ドメインでの WordPress インストール

サーバー登録時に設定した初期ドメイン(xxx.conohawing.comのような URL)に WordPress をインストールする方法です。

Step 1

管理画面にログインして「サイト管理」→「サイト設定」ページにある「+アプリケーション」を押します。


 

Step 2

全ての項目を入力して「保存」を押します。


 

アプリケーションWordPress
インストール方法新規インストール
バージョンどちらでも問題ありませんが、迷ったら新しい方をお勧めします。
URLこの WordPress サイトの URL(インストール先)を決めます。
例)http(s)://xxx.conohawing.com/test
サイト名好きなサイト名を入力します。あとで変更できます。
メールアドレスメールアドレスを入力します。
ユーザー名ユーザー名を入力します。あとで変更できません。
パスワードWordPress の管理画面にログインするためのパスワードです。
データベースデータベース名とユーザー名はどんな名前でも良いですが、サイト名を含めておくと今後管理が楽になります。パスワードは複雑な文字列にしてください。

 
 

Step 3

ステータスが「稼働中」になったら WordPress のインストールは完了です。


 
 

独自ドメインを使った WordPress インストール

ここでは独自ドメインを使った WordPress インストール方法を紹介します。

Step 1. ドメインを登録

管理画面にログインして「サーバー管理」→「ドメイン」ページにある「+ドメイン」を押します。


 

「新規ドメイン追加」を選択して、ドメインを入力したら「保存」を押します。


 

SSL とは、サイトの URL を http://~ から https://~ とするもので、「このサイトは安全です」と示すものになります。Chrome では SSL を利用していないサイトには警告文が出る仕様になってきているので、ぜひ利用することをお勧めします。

独自ドメインを「お名前ドットコム」や「ムームードメイン」など ConoHa WING 以外で取得している場合、ドメインを取得したサービスからネームサーバーを変更する必要があります。

メモ

ネームサーバーを設定していない状態で「利用する」を選択するとエラーが表示されますが、あとで有効化できるので問題ありません。

 

ネームサーバーは以下のように設定してください。

ネームサーバー1ns-a1.conoha.io
ネームサーバー2ns-a2.conoha.io

 

お名前ドットコムの場合
エックスサーバーの場合

 

Step 2. ドメイン切り替え

先ほど登録したドメインに WordPress をインストールするために、「サイト管理」を選択→すぐ右側にある「切り替え」ボタンをクリックします。


 

さきほど登録したドメインの横にある「切り替え」を押します。


 

ドメインが切り替わったことを確認して「+アプリケーション」ボタンを押します。

 

Step 3. WordPress のインストール

全ての項目を入力し「保存」を押します。


 

アプリケーションWordPress
インストール方法新規インストール
バージョンどちらでも問題ありませんが、迷ったら新しい方をお勧めします。
URLこの WordPress サイトの URL(インストール先)を決めます。ドメイン直下にインストールする場合は入力しません。
サイト名好きなサイト名を入力します。あとで変更できます。
メールアドレスメールアドレスを入力します。
ユーザー名ユーザー名を入力します。あとで変更できません。
パスワードWordPress の管理画面にログインするためのパスワードです。
データベースデータベース名とユーザー名はどんな名前でも良いですが、サイト名を含めておくと今後管理が楽になります。パスワードは複雑な文字列にしてください。

 
 

Step 4

ステータスが「稼働中」になったら WordPress のインストールは完了です。


 
 

他サーバーからの WordPress サイトの移行

ここからは、他のサーバーにインストール済みの WordPress サイトを移行する方法を紹介します。

独自ドメインを使う場合は Step 1 へ
初期ドメインを使う場合は Step 3 へお進みください。
 

Step 1. ドメインを登録

管理画面にログインして「サーバー管理」→「ドメイン」ページにある「+ドメイン」を押します。


 
 

「新規ドメイン追加」を選択して、ドメインを入力します。


 

独自ドメインを「お名前ドットコム」や「ムームードメイン」など ConoHa WING 以外で取得している場合、無料独自 SSL を利用するにはネームサーバーを変更する必要があります。

ネームサーバーの変更はサイト移行後に行うので、ここでは「利用しない」を選択してください。

*「利用する」を選択するとエラーになりますが、あとで有効化できるので問題ありません。
 

全て入力したら「保存」を押します。
 
 

Step 2. ドメイン切り替え

先ほど登録したドメインに WordPress をインストールするために、「サイト管理」を選択→すぐ右側にある「切り替え」ボタンをクリックします。


 

さきほど登録したドメインの横にある「切り替え」を押します。


 

ドメインが切り替わったことを確認します。


 
 

Step 3. サイトを移行する

移行する前に

移行元サイトのログイン画面で reCAPTCHA を利用していたり、ログイン画面の URL 変更などのセキュリティ対策をしている場合は、解除しておいてください。

 

管理画面にログインして「サイト管理」→「サイト設定」ページにある「+アプリケーション」を押します。


 

全ての項目を入力します。


 

アプリケーションWordPress
インストール方法かんたん移行
バージョン移行元のバージョンに合わせます。(新しいバージョンを利用しても問題ないと思いますが、移行後にバージョンを更新したほうが安全かと思います。)
移行元URL移行元の WordPress サイトの URL を入力します。
サイトURL移行先の URL(インストール先)を決めます。www のあり・なしはお好きな方をお選びください。
例)初期ドメイン利用時:http(s)://xxx.conohawing.com/test
独自ドメイン利用時:ドメイン直下にインストールする場合は未入力にします。
移行元ユーザー名管理画面ログイン時に使用しているユーザー名を入力します。
移行元パスワード管理画面ログイン時に使用しているパスワードを入力します。
データベースデータベース名とユーザー名はどんな名前でも良いですが、サイト名を含めておくと今後管理が楽になります。パスワードは複雑な文字列にしてください。

 

全て入力後に「保存」を押すとインストールが始まります。
数分かかるので、そのままお待ちください。

ステータスが「稼働中」になったら移行完了です。


 
 

Step 4. SSL の有効化

SSL とは、サイトの URL を http://~ から https://~ とするもので、「このサイトは安全です」と示すものになります。Chrome では SSL を利用していないサイトには警告文が出る仕様になってきているので、ぜひ利用することをお勧めします。

*初期ドメインを利用している場合 SSL は利用できません。

有効化するには独自ドメインの「ネームサーバー」を変更する必要があります。

ネームサーバーの変更手順

ドメインを取得したサイトから、以下のようにネームサーバーを設定してください。

ネームサーバー1ns-a1.conoha.io
ネームサーバー2ns-a2.conoha.io

 

お名前ドットコムの場合
エックスサーバーの場合

 
 

ネームサーバーを変更したら ConoHa WING の管理画面に戻ります。

ネームサーバーの変更が反映されるまで数分から数時間かかるので、少し時間を空けて次の手順を進めてください。

「SSL有効化」というボタンがあるのでクリックします。


 

利用設定を「ON」にすると設定が始まります。(数分~数十分かかります。)


 

「SSL有効化」ボタンが青くなれば完了です。


 
 

まとめ

以上でインストールは完了です。

ConoHa WING は管理画面も使いやすいですし、WordPress も快適にサクサク動きます。
ぜひサイト運営にご活用ください。

この記事がお役に立てば幸いです????
 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA