リファレンス・カスタマイズ

GitHubからAndroid Studio プロジェクトをダウンロード・実行する方法

 

この記事では、GitHub から Android Studio プロジェクトをダウンロードして実行する方法を紹介していきます。

当サイトで紹介している Catch the Ball ゲームのサンプルコードを GitHub からダウンロードしてエミュレーターで実行してみましょう。GitHub のアカウントは必要ないので気軽にお試しください。
 


 

プロジェクトのダウンロード

まずは以下の URL からプロジェクトをダウンロードします。GitHub ページが表示されます。
URL: https://github.com/codeforfun-jp/catch-the-ball-version1
 

画面の中央あたりにある「Code」という緑色のボタンを押します。


 
 

Download ZIP」を押すとプロジェクトのダウンロードが開始されます。


 
 

catch-the-ball-version1-master.zip という名前でダウンロードされます。


 
 

catch-the-ball-version1-master.zip をダブルクリックして、zip ファイルを展開してください。


 
 

AndroidStudioProjects フォルダに置く

ダウンロードして展開したフォルダは AndroidStudioProjects フォルダに置きます。
 

AndroidStudioProjects フォルダは、特に変更していない場合は以下の場所にあります。

Windows の場合

C:\Users\ユーザ名\AndroidStudioProjects

Mac の場合

/Users/ユーザー名/AndroidStudioProjects

 
 

AndroidStudioProjects フォルダを開いたら、先ほど展開したフォルダをそのままコピペ、または移動してください。


 
 

プロジェクトを開く

次に Android Studio でプロジェクトを開きます。

Android Studio を起動したら、上のメニューバーの File → Open を選択します。


 
 

先ほど置いた catch-the-ball-version1-master フォルダ内にある app を選択して、OK を押します。


 
 

Android Studio で他のプロジェクトを開いている場合、This Window(開いているウィンドウ)または New Window(新しいウィンドウ)のどちらで開くかを聞かれるので選択します。


 
 

アプリの実行

プロジェクトが開いたら、いつも通り「Run」ボタンを押すとエミュレーターでアプリが起動します。


 
 

エラーが出てしまったら
SDK バージョンが異なっていたり、必要なライブラリがインストールされていない可能性があります。Android Studio 画面下のメニューにある Logcat と Android Studio 画面左側のプロジェクト構造化にある Gradle Scripts → build.gradle(:app) をご確認ください。
 

 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
挫折しないプログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx