CakePHP

【2019年版】MAMP環境にCakePHP3をインストールする方法(Windows編)

 
ここでは「Windows の MAMP 環境に CakePHP3 を Composer でインストールする方法」を紹介しています。

MacOS にインストールしたい方はこちらの記事をお読みください。

【2019年版】MAMP環境にCakePHP3をインストールする方法(Mac編) ここでは「MacOS の MAMP 環境に CakePHP3 を Composer でインストールする方法」を紹介しています。 ...

 


 

準備

まずはじめに、MAMP で使用している PHP のバージョンを調べておきます。

メニューの MAMP → Preferences を選択します。


 

PHP タブ内にある Standard Version を確認します。


 
 

Composer と php.ini ファイルの設定で必要になるので、このバージョン番号を覚えておいてください。

*注意
CakePHP 3 は 5.6.0 以上を使う必要があるので、それより古いバージョンを利用している場合は MAMP をアップデートしてください。
 
 

インストール手順

1. Composer がインストールされているか確認する

まずは Composer がインストールされているか確認します。

コマンドプロンプトを開き「composer -V」と入力して Enter を押します。


 

「Composer version 1.8.5」のように表示されれば、インストールができている状態です。「2. Intl を有効にする」に進んでください。


 
 

インストールしていない場合は、以下の記事の手順で Composer をインストールします。

Composer をインストールする

CakePHP3 公式サイトのクイックスタートガイドを開きます。

「CakePHP の取得」という見出しの下に Composer Windows Installer というリンクがあるのでクリックします。クリックするとインストーラーのダウンロードが始まります。


 

ダウンロードが完了したらインストーラーを開いて設定していきます。

「Next」を押します。


 

次に、php.exe ファイルを選択します。

php.exe の場所は MAMP → bin → php → php[最初に確認した PHP バージョン] フォルダ内の php.exe です。

選択したら「Next」を押します。

 

「Create a php.ini file(php.ini ファイルを作成)」にチェックを入れて「Next」を押します。


 

何も入力せずに、そのまま「Next」を押します。


 

「Install」を押します。


 

「Next」を押します。


 

「Finish」を押して完了です。


 

Composer がインストールされているか確認しておきましょう。

コマンドプロンプトを開き「composer -V」と入力して Enter を押します。


 

「Composer version 1.8.5」のように表示されれば、インストールは完了です。


 
 

2. Intl を有効にする

次に intl を有効にします。

MAMP → conf → php[最初に確認した PHP バージョン]フォルダ内にある php.ini をメモ帳で開きます。
パスの例)C:¥MAMP¥conf¥php7.2.10¥php.ini


 

extension=php_intl.dll」を検索して、行頭にある ;(セミコロン)を外します。


 

編集したら保存して、ファイルを閉じてください。
 

次に MAMP → bin → php → php[最初に確認した PHP バージョン] フォルダ内の php.ini を開きます。Composer をインストールした時に作成された php.ini です。

パスの例)C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.10¥php.ini


 

extension=intl」を検索して、行頭にある ;(セミコロン)を外します。


 

編集したら保存して、ファイルを閉じてください。
 

php.ini の変更を反映させるために、MAMP サーバーを再起動します。

 
 

3. CakePHP3 をインストールする

CakePHP は MAMP → htdocs フォルダ内にインストールします。


 

コマンドプロンプトを開きます。

現在のディレクトリは C:¥Users¥名前 のようになっているはずなので、これを CakePHP をインストールする C:¥MAMP¥htdocs に変更します。
 

cd C:¥MAMP¥htdocs と入力して「Enter」を押します。


 

cd は change directory(チェンジディレクトリ)の略で「ディレクトリを変える」という意味です。

コマンドプロンプトに C:¥MAMP¥htdocs と表示されて入れば、正しくディレクトリを変更できています。


 
 

CakePHP3 公式サイトのクイックスタートガイドを開きます。

「CakePHP の取得」という見出しの下にある
composer self-update && composer create-project –prefer-dist cakephp/app cms をコピーします。


 
 

このままコマンドプロンプトで実行すると「cms」というフォルダ名で CakePHP3 がインストールされます。

今回は caketest というフォルダ名でインストールしたいので、cms を caketest に変更してからコマンドプロンプトに貼り付けて「Enter」を押します。


 
 

インストールが始まって少し経つと「Set Folder Permissions?」と表示されるので「Y」と入力して「Enter」を押します。


 
 

インストールが終わったら http://localhost/caketest をブラウザで開いてください。

CakePHP の画面が表示されればインストール完了です。


 
 

エラーメッセージが表示される場合は、こちらの記事を確認してみてください。

CakePHP3インストール時によく起こるエラーの解決法まとめ ここでは CakePHP3 インストール時によく起こるエラーの解決法を紹介しています。 CakePHP3 のインス...

 
 

4. データベースの設定

http://localhost/caketest の「Database」に赤いアイコンが出ていると思います。


 

「データベースに接続できません」というメッセージなので、データベースを用意して接続できるようにしていきましょう。
 

http://localhost/phpMyAdmin を開いて「データベース」を選択します。


 

データベース名に「cake_test」と入力して「作成」を押します。


 
 

先ほどインストールした caketest フォルダ内の config → app.php ファイルを開きます。

パスの例)C:¥MAMP¥htdocs¥caketest¥config¥app.php


 

258 ~ 260 行目あたりにあるデータベース情報を変更します。


 

username と password は phpMyAdmin へのログイン情報です。何も設定をしていない場合はどちらも root になっています。

database は先ほど作成したデータベース名 cake_test にします。


 
 

ファイルを保存したら http://localhost/caketest をブラウザで開いてください。

Database のアイコンが緑になっていれば設定が完了です。


 
 

これで CakePHP3 のインストールと初期設定は完了です!
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません!)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい🙂
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です