プログラミング学習

【プログラミング学習】英語ができることのメリット

 

プログラミングを始めるにあたって「プログラミングに興味があるけど英語が苦手」「英語はできたほうが良いですか」というお話を聞くことがあります。

「日本語訳があるから問題ない」「グーグル翻訳を使えば良い」という方もいますが、私は「英語は必須ではないけれどできるほうが絶対に有利」だと思います。

ここでは「プログラミングを勉強するときに英語ができることのメリット」を紹介したいと思います。
 


 

英語ができることのメリット

ドキュメントを英語で読むことができる

プログラミングの経験がある方は一度は見たことがあると思いますが、それぞれのプログラミング言語には公式ドキュメントやマニュアルが用意されています。

この公式ドキュメントには、関数の使い方、サンプルコードなどがまとめられています。

多くのドキュメントは日本語訳が用意されているので問題ないと思う方もいるかもしれませんが、翻訳されていないページもたくさんあります。
 

また公式ドキュメント以外にも、プログラミングをしているとスマホアプリの広告実装、フレームワークの利用、API の実装などのドキュメントを読む機会がたくさんあります。

例えば

は人気のフレームワーク・API ですが日本語のドキュメントは用意されていません。
 

特に個人で作成・公開されているものは日本語訳が用意されていることはほとんどありません。

ドキュメントを日本語に翻訳しているサイトもありますが、公式ドキュメントから一次情報を自分で得られるというのは情報の正確性やプログラミングを効率的に進めるためにとても有利なことだと思います。

 
 

型・関数の意味などが理解しやすい

プログラミング用語は基本的にすべて英語です。

日本語で「型は整数です」と言っても、実際のコードは int, integer のように英語で書きます。
他にも文字を表示するときは print と書いたり、数値を整えるときは number_format と書いたりします。

このようにプログラミング用語はすべて英語でできていて、print ではなく insatsu という関数が用意されていることはありません。
 

例えば Android アプリ開発では override と書くことがよくあります。
override は英語で「優先する、無効化する」という意味があると知っていると、直感的に「何かを無効にするときに使うのかな」という予測がつきます。

他にも PHP では empty という関数をよく使います。
empty 関数は配列に中身が入っているか(空っぽかどうか)をチェックをするときに使うのですが、empty は英語で「空っぽ」という意味を知っておけば、初めて使う関数でも頭に残りやすくなります。

英語ができると関数の意味を直感的に理解できたり頭に残りやすくなるので、プログラミング学習の効率もあがると思います。

 
 

学習教材が豊富

英語ができると利用できるプログラミング学習教材が圧倒的に多くなります。

たとえば

など無料で始めることができるサービスがいくつもあります。

YouTube でも無料のプログラミング講座をたくさん見つけることができます。

学習方法がたくさん選べて、日本語に比べて安い料金でプログラミングを始めることができるのも嬉しいメリットです。
 
 

エラー解決の速度

プログラミングで絶対に避けて通ることができないのがエラーです。

自分で解決できないときはグーグル検索をする人が多いと思うのですが、英語と日本語では検索結果の表示件数が全く違います。

例えば CakePHP というフレームワークをインストールするときによく出るエラーについて「intl エラー」と「intl error」で検索してみます。

検索結果
日本語「intl エラー」:1,860,000 件
英語 「intl error」:62,000,000 件

英語で検索した場合は、日本語の約33倍の結果を得ることができました。

このようにプログラミングに関する情報は圧倒的に英語のほうが多くなります。

多くの検索結果を得ることができれば、エラーを解決できるスピードも速くなり、開発速度も速くなります。
 
 

まとめ

プログラミングを勉強するにあたって、英語はできなくても良いけれど、できたほうが圧倒的に有利だと思います。

ペラペラに英会話ができたり、文章をかける必要はありません。
プログラミングに生かすというだけならば、英語の苦手意識をなくすだけでも十分です。

プログラミングと合わせて英語も少し勉強してみると、今後のプログラミング学習がラクになるかもしれません🙂
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません!)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい🙂
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です