プログラミング書籍

【感想・レビュー】Android SDKポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

 
 
今回紹介するのは「Android SDKポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)」です。
 

 
 

この本は、Android Studioでアプリ開発をする時に役立つリファレンス本です。

画面サイズってどうやって取得するんだっけ?
データベース使いたいなぁ。。。

という時に、さっと検索・確認できます。
 

この本の感想

難易度
読みやすさ
サンプルコード・再現性
おすすめ度

 
 

難易度 : 3

初級者〜中級者の方を対象にしている本です。
ただし、Android Studioをインストールしたばかりの方にはお勧めできません。

この本は、実装したいもの・やりたいことをサクっと探してサンプルを確認できる形式です。

ほとんどAndroid Studioでのアプリ開発をしたことがない方には、どのように使ったら良いか分かりにくいかもしれません。

Androidアプリを2~3つ開発してから、使ってみることをオススメします。

 

読みやすさ : 4

目次・索引とも、とてもわかりやすいです。

ページ色も緑・黒・白で構成されているので、スッキリとした印象です。

少しだけ中身をお見せします。

 
 
 

ポケットリファレンスという名前の通り、文庫本を少し大きくしたサイズです。


 

厚みはありますが(約2.5cm)文庫本とあまり変わりません。

 

サンプルコード・再現性 : 5

サンプルコード

Githubからダウンロード可能です。
メールアドレスやパスワードの入力など、ダウンロードするための面倒な登録なども必要ありません。

ファイル構造もチャプターごとに分かれていて、見つけやすくなっています。
 

再現性

2018年11月現在、一番新しいAndroid 8.1, Android Studio 3.1で動作が確認されています。
 

私の開発環境でも問題なく動作することを確認できました。

  • Android Studio 3.1.4
  • Android Emulator Nexus 5 / API 27 / Android 8.1

 

オススメ度 : 5

総合して、とてもオススメの本です。
 

つい最近、プログラミング本を多く取り扱っている書店に行ったのですが、
Android関連は2012~2014年発売の本がとても多かったです。

古い本でも基本的にコードは動きますが、開発環境が大きく異なっていたり推奨されていないコードが多いです。
 

この「Android SDKポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)」は、
改訂版(第2版)が2018年8月3日発売です。
 

2018年11月現在では、最新の開発環境・情報を確認できるものになっています。
 

ネット上でも簡単にサンプルコードを見つけられますが、正しく動かなかったり無駄が多かったりしますよね。

きちんと動作確認ができている本を一冊、手元に置いておくと安心・便利だと思います。
 

リファレンスを手元に置いておきたい方、Android Studioで何ができるのか知りたい方には持っていて損はない、オススメの1冊です。
 
 

 

この本の目次

  • Chapter 1 : レイアウト
    • 共通
    • スペース
  • Chapter 2 : アプリケーション全般
    • アクティビティ
    • コンテキスト
    • フラグメント
    • ツールバー
    • 権限
    • 全般
  • Chapter 3 : UI
    • 共通
    • テキスト
    • トースト
    • ボタン
    • チェックボックス
    • レーティングバー
    • 時計
    • Webビュー
    • リストビュー
    • RecyclerView
    • グリッドビュー
    • クロノメーター
    • シークバー
    • スピナー
    • スクロールビュー
    • ピッカー
    • ダイアログ
    • 通知
    • ポップアップウィンドウ
    • ドラッグ&ドロップ
    • カレンダー
    • スイッチ
    • メニュー
    • HOMEウィジェット
    • プリファレンス画面
    • イベント処理
    • ViewPager
    • ナビゲーションビュー
  • Chapter 4 : ウィンドウ
    • 画面
    • ウィンドウ
    • スタイル
    • テーマ
    • 向き
  • Chapter 5 : グラフィックス
    • イメージビュー
    • キャンバス
    • ビットマップ
    • サーフェイスビュー
    • 壁紙
    • ライブ壁紙
  • Chapter 6 : マルチメディア
    • トーンジェネレータ
    • 音量
    • 動画
    • アニメーション
    • その他
  • Chapter 7 : ストレージ
    • 全般
    • プリファレンス
    • assets
    • ファイル
    • データベース
    • クリップボード
    • ローダ
    • コンテンツプロバイダ
  • Chapter 8 : マップ
    • Googleマップ
  • Chapter 9 : デバイス
    • 全般
    • ハードキー
    • センサ
    • イヤホン
    • 位置情報
    • Bluetooth
    • Wi-Fi
    • バッテリー
    • 電話
    • バイブレーション
    • 通信
    • マルチスレッド
  • Chapter 10 : サービス間連携
    • インテント
    • アラーム
    • ブラウザ
    • テキスト読み上げ
    • ダウンロード
    • 共有
    • ソフトキーボード
    • サービス
  • Chapter 11 : システム
    • マニフェスト
    • パッケージ情報
    • デバッグ用
  • Chapter 12 : リソース
    • リソース

 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA