PHP・MySQL入門

ゼロからはじめるPHP・MySQL入門 第6回「四則演算について」

ここまでの記事はこちら
 

今回は四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)について紹介していきます。

扱う計算式は算数と同じですが、使う記号が算数とプログラミングでは少しだけ異なります。

「四則演算・算数・計算式」と聞くと苦手意識がある方もいるかもしれませんが、ゲームや金額を扱うアプリを開発しない限り、複雑な計算式は出てきません。

現時点では「足し算・引き算・掛け算・割り算」の記号を知っておくだけで大丈夫ですので、サクッと進めてみてください🙂
 

四則演算について

四則演算とは「足し算、引き算、掛け算、割り算」のことで、プログラミングではそれぞれ

  • +
  • *
  • /

という記号を使います。
 

一点注意して頂きたいのが、コードを書くときは必ず「半角文字」で書くことです。

特に「+ – * /」の記号は全角と半角で見分けがつきにくいことがあります。

全角
半角+*/

 

プログラミングでは、コメントを書く以外に全角文字を使うことはありません。エラーの原因にもなるので必ず「半角文字でコードを書く」ことに注意してくださいね。
 
 

それでは四則演算を一つずつ紹介していきます。

コードを test.php に自分で入力しながら計算結果を確認してみてください。

足し算

足し算は、算数と同じように +(半角プラスマーク)を使います。

<?php
  $num = 4 + 2;
  echo $num;
?>

6と表示されたでしょうか?
 

変数同士を足し算することもできます。

<?php
  $num1 = 4;
  $num2 = 2;
  echo $num1 + $num2; // 出力結果:6
?>

 

$num = $num + 2; とする場合は、省略して $num += 2;と書くこともできます。

<?php
  $num = 4;
  $num += 2;
  echo $num; // 計算結果:6
?>

 
 

$num = $num +1; と「変数に1を加算して再び代入する場合」はさらに省略して $num++; と書くこともできます。

これは for ループ という同じ処理を繰り返すコードを書くときに使います。

for ($i = 0; $i <5 ; $i++) {

for ループについては後で詳しく紹介するので、$num++ という書き方ができるということだけ知っておいてください。
 
 

また「加算」を英語で Increment(インクリメント)と言います。加算と言わずにインクリメントと言う人もいますし、MySQL データベースを使うときにも出てくるので、Increment(インクリメント)という単語も覚えておくと良いと思います。
 
 

引き算

引き算も、算数と同じように -(半角ハイフン)を使います。

<?php
  $num = 4 - 2;
  echo $num; // 計算結果:2
?>

 

変数同士で引き算することもできます。

<?php
  $num1 = 4;
  $num2 = 2;
  echo $num1 - $num2; // 計算結果:2
?>

 

足し算と同じように $num = $num - 2; を省略して $num -= 2; と書くこともできます。

<?php
  $num = 4;
  $num -= 2;
  echo $num; // 計算結果:2
?>

 
 

$num = $num -1; と「変数から1を減算して再び代入する場合」は $num--; と書くことができます。

 
 

加算は英語で Increment(インクリメント)と紹介しましたが、減算は Decrement(デクリメント)と言います。

「加算する・減算する」という動詞もプログラミングではよく目にする言葉ですので、合わせて覚えておくと便利です。

increase(加算する・増やす)⇔ decrease(減算する・減らす)
increment(加算)⇔ decrement(減算)

 
 

掛け算

掛け算は *(半角アスタリスク)を使います。

<?php
  $num = 4 * 2;
  echo $num; // 計算結果:8
?>

 

変数同士を掛け算することもできます。

<?php
  $num1 = 4;
  $num2 = 2;
  echo $num1 * $num2; // 計算結果:8
?>

 
 

割り算

割り算は /(半角スラッシュ)を使います。

<?php
  $num = 4 / 2;
  echo $num; // 計算結果:2
?>

 

変数同士を割り算することもできます。

<?php
  $num1 = 4;
  $num2 = 2;
  echo $num1 / $num2; // 計算結果:2
?>

 

割り算をするときに「余り」が出る場合がありますが、% 記号を使うと「余りだけ」を取得することもできます。

<?php
  $num = 7 % 3;
  echo $num; // 計算結果:1
?>

 

あまり多く目にすることはないですが、時々この余り計算を使ったコードをみると「おっ」と思うことがあります。 個人的に上手く使えると嬉しい計算式です。
 
 

まとめ

四則演算は金額を扱うアプリを開発しない限り、使う機会はあまり多くないと思います。

現時点では「+, -, *, / , %」という記号の意味だけしっかりと覚えておいてくださいね。

次回はプログラミングで使いこなせないと困る「比較」について紹介していきます。
 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい🙂
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA