Kotlin入門

Android開発のためのKotlin入門 第1回「Android Studioのインストール」

 

ここまでの記事はこちら
 

まずはじめに、開発環境を用意していきましょう。

Kotlin の入門書では IntelliJ IDEA という開発環境がよく使われますが、この講座では Android Studio を使っていきます。

Android Studio は Android アプリを開発するための無料のソフトウェアです。Android Studio だけ用意すれば、アプリの開発からテストまで全てを行うことができます。

インストールはとても簡単ですが 8GB ほどの空き容量が必要になります。十分な空きスペースを確認してからインストールを始めてください。

それでは始めていきましょう
 

Windows → Mac で順番に紹介しています。
Mac のインストール方法までスキップする↓
 


 

Windows の場合

Android Studio をダウンロードする

以下のリンクから最新の Android Studio をダウンロードします。2022年8月現在の最新バージョンは Android Studio Chipmunk | 2021.2.1 です。
https://developer.android.com/studio/?hl=ja
 

「Download Android Studio」をクリックします。

 
 

利用規約を確認したら「have read and agree with the above terms and conditions(上記の利用規約を読んだうえで利用規約に同意します。)」にチェックを入れて 「Download」を押します。


 
 
 

Android Studio をインストールする

ダウンロードしたインストーラを開きます。


 

Welcome to Android Studio Setup という画面が表示されたら「Next」を押します。


 

Android Virtual Device にチェックが入っていることを確認して「Next」を押します。


 

インストール場所を確認して「Next」を押します。


 

スタートメニューでの表示名を決めます。特に変更する必要がなければ、そのまま「Install」を押します。


 

インストールが終わったら「Next」を押します。


 

Start Android Studio にチェックを入っていることを確認して「Finish」を押します。


 
 

初期設定

Do not import settings を選択して「OK」を押します。


 

Android Studio の使用状況を Google に送信することを許可するかを選択します。


 

「Next」を押します。


 

セットアップ方法の選択です。Standard を選択して「Next」を押します。


 

エディタのテーマを選びます。好きな方を選択して「Next」を押します。


 

「Next」を押します。


 

ライセンスに同意する必要があるので、左側の android-sdk-license をクリックして、右下の「Accept」を選択します。

intel-android-extra-license も同じようにクリックして「Accept」を選択してください。


 

「Finish」を押すとインストールが始まります。


 

インストールが終わったら「Finish」を押します。


 

Android Studio のスタート画面が表示されたら完了です!


 
 

インストールに失敗・中断してしまった場合
以下の手順をお試しください。

  1. インストールをキャンセル(画面が固まってしまったら強制終了)
  2. Android Studio をアンインストール
  3. SDK フォルダ(C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥android¥sdk)を削除
  4. 再インストール

 
 
 

Mac の場合

Android Studio をダウンロードする

以下のリンクから最新の Android Studio をダウンロードします。2022年7月現在の最新バージョンは Android Studio Chipmunk | 2021.2.1 です。
https://developer.android.com/studio/?hl=ja
 

「Download Android Studio」をクリックします。


 

利用規約を確認したら「have read and agree with the above terms and conditions(上記の利用規約を読んだうえで利用規約に同意します。)」にチェックを入れて、お使いの Mac のプロセッサに合わせて「Mac with Intel chip」か「Mac with Apple chip」を押します。

プロセッサは Mac メニューの「この Mac について」を開いて「プロセッサ」項目をご確認ください。


 
 
 

Android Studio をインストールする

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。


 

Android Studio.app を Applications フォルダにドラッグ&ドロップします。


 
 

Applications フォルダに置いた Android Studio.app をダブルクリックして開きます。


 

確認メッセージが出たら「開く」を押します。


 
 

アプリが起動しない場合
Android Studio.app が起動しない場合は、ダウンロード時に選択した「Mac with Intel chip」「Mac with Apple chip」が間違っている可能性があります。

Mac メニューの「この Mac について」で再度プロセッサを確認後、https://developer.android.com/studio/?hl=ja から適切な Android Studio をダウンロードしてください。
 
 
 

初期設定

Do not import settings を選択して「OK」を押します。


 

Android Studio の使用状況を Google に送信することを許可するかを選択します。


 

「Next」を押します。


 

セットアップ方法の選択です。Standard を選択して「Next」を押します。


 

エディタのテーマを選びます。好きな方を選択して「Next」を押します。


 

「Next」を押します。


 

ライセンスに同意する必要があるので、左側の android-sdk-license をクリックして、右下の「Accept」を選択します。

android-sdk-preview-license も同じようにクリックして「Accept」を選択してください。


 

「Finish」を押すと必要なファイルのダウンロードが始まります。


 

処理が終わったら「Finish」を押します。


 

Android Studio のスタート画面が表示されたら完了です!


 
 

インストールに失敗・中断してしまった場合
以下の手順をお試しください。

  1. インストールをキャンセル(画面が固まってしまったら強制終了)
  2. Android Studio.app を削除
  3. SDK フォルダ(/Users/ユーザー名/Library/Android/sdk)を削除
  4. 再インストール

 
 
 

次に行うこと

以上で Android Studio を使う準備は完了です。

次回は練習用のプロジェクトを作成してみましょう

第2回「プロジェクトの作成」に進む
 
 
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座

Kotlin入門講座についてはこちら

Kotlin の入門書や入門講座では「文法を学んでもそれをいつどこで使うのか分からない」「アプリ開発との関連が分からない」ということがよくあります。
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座では「Kotlin 文法を学ぶ→アプリ開発する」を繰り返して、合計3つのアプリを開発していきます。

  • とにかく Android アプリを開発してみたい!
  • Android 開発に興味があるけれど、何から始めれば良いかわからない
  • プログラミングに挫折したことがある

という方にお勧めの講座になっています。

この講座でプログラマーへの第一歩を踏み出しましょう
 

 
 
 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx