プロフィール


 

サイトにお越しいただきありがとうございます

「Code for Fun」を運営しているSaraです。

ここでは、私がなぜプログラミングをはじめたのか、どのように勉強したのかについてお話ししたいと思います。
 


 

1. プログラミングをはじめるまで

最終学歴は大学中退です。

大学進学率99パーセント!というような高校に通っていたので、何も考えず大学に進学しました。
小さい頃から犬が好きという理由だけで、生物系の学部です。

何も考えずに入学したので、もちろん楽しくありませんでした。

大学1年生はどこの大学でも教養科目が中心だと思いますが、そんなこともよく分かっていなかったので、高校の繰り返しのような毎日に退屈していました。

とにかくマイペースな性格なので、
毎日決められた時間割で動くことや集団生活も大の苦手でした。
 

そして入学して半年経った頃から「ここは違う」と思い始め、大学2年生の時に中退しました。
 

違うと思ったらすぐに辞める性格なので、迷いは全くありませんでしたが、
このとき初めてこれから自分はどんな仕事をしたいのか真剣に考え始めました。
 
 

2. どんな仕事をしたいのか?

思いついた条件は2つだけです。

  1. 家で出来ること
  2. 好きなこと

 

たった2つの条件ですが、この中には

  • 満員電車に乗りたくない
  • 1人で仕事がしたい
  • 嫌なことはしたくない
  • 好きな時間に仕事をしたい
  • 毎日同じことはしたくない

など、数えきれない程の「嫌い」が詰まっています(笑)
 

一般的には「甘すぎる」「そんなの無理」と言われることは分かっていたので、誰にも言わずに何かできることはないか考え続けていました。

 
 

3. プログラミングをはじめたキッカケ

大学を中退してからは、好きなものを見つけるために資格や英語の勉強をしていました。

そして2013年に偶然 YouTube で「What Most Schools Don’t Teach(ほとんどの学校が教えないこと)」という動画を見ました。

動画では、IT企業の有名な方々がコンピューターサイエンスの重要性と人材不足について話しています。

ちょうどこの頃、アメリカではプログラマー不足が取り上げられるようになり、当時大統領だったオバマさんもプログラミング学習を進めていました。
 

プログラマーならば家で仕事ができるし、パソコンも好きな方だったので、
面白そう!これにしよう!とすぐに決めました。
 

この時のパソコンの知識は平均より少しできる程度だったと思います。

小学生の頃から親が使わなくなったワープロやパソコンでタイピングゲームをしたり文章を書いていました。

中高生の頃は、好きな歌手のライブ DVD からどうにか音だけ抜いてウォークマンで聞けないかと思い、フリーソフトをダウンロードして、ソフトを夢中でいじっていました時期もありました。(当時は自分だけの為なら良いかと考えていましたが、違法なのでダメですよ!)
 
 

4. プログラマーになるまで

プログラミングを始めよう!と決めたら次は勉強方法です。

専門学校や大学に行くという選択肢はゼロだったので、インターネットだけで勉強しました。
 

使ったのは

 

Treehouse, Udacity, Codecademy は海外のサービスで、プログラミングや Web デザインなどたくさんの講座を受講できるオンライン学習サイトです。

その中でも一番のお気に入りは Treehouse です。

毎月 25 ドルで全ての講座を受講できたので、色々なプログラミング言語を少しずつ試していました。基礎を学ぶにはとても良いサイトだったのですが、自分で何かを開発できるほどにはなれませんでした。
 

その次に試したのがオンライン講座と教材です。

Google で「アプリ 作り方」「プログラミング 講座」などで検索して、いくつか教材を購入してみました。全く役に立たなかったとは言えませんが、満足できるものではありませんでした。

例えば、アプリ開発の講座では画像やボタンを置くだけでコードをあまり書かないものだったり、開発環境が古くて分かりにくいものが多かったです。
 

色々試して一番役に立ったと思うのは書籍です。
こちらのページで私が実際に買った本を紹介しています。
 

書籍を使った勉強法はとてもシンプルです。
とにかくサンプルコードを真似して書き続けること。
 

他には?と思われる方もいるかもしれませんが、本当にサンプルコードを真似して書き続けていただけです。

プログラミング用語はカタカナが多くて本を読んでもすぐに納得することが難しかったので、とりあえず細かいことは考えず、ひたすら写経のようにたくさんコード書いていました。
 

この時書いていたプログラミング言語は「PHP」と「Objective-C」です。
 

これを約1年半続けて、オリジナルのウェブサイトと携帯アプリを合計10個以上作りました。

それらをポートフォリオとしてクラウドソーシングのサイトにのせて、初めての仕事をいただくことになります。
 
 

5. プログラマーになってから

初めて頂いた仕事は、PHPでの企業内管理システムのようなものでした。

ありがたいことに続けて仕事を頂くことができましたが、知らないことだらけで最初の2年は大変だった記憶があります。
 
 

受託開発に慣れてきてからは「自分で何かを作りたい」「一人で勉強している人の何か役に立ちたい」と思い、YouTubeチャンネルやウェブサイト運営を始めました。
 

現在は

  • 仕事を頂く受託開発
  • 個人でのアプリ開発
  • YouTubeチャンネル
  • オンライン講座の作成
  • ブログ、ウェブサイト運営

をしています。
 
 

6. このサイトを通じて

YouTubeチャンネルを始めて、ゆっくりですが登録者数が増えていくと、みなさんがどんなことで悩んでいるのかが分かってきました。

  • 気軽にプログラミングについて相談できる人が周りにいない
  • 経済的に学校に行くのが難しい
  • 何度もアプリ開発に挑戦したけど、完成できたことができない

みなさん年齢も環境もそれぞれですが、プログラミングを学びたいという人はたくさんいるんだなと感じました。
 

学校に行かなくてもプログラミングは勉強できます。
 

私がしていたのは、本当にサンプルコードを真似して書き続けるだけです。

もちろんエラーが出たり、サンプルコード自体が間違っていたこともあります。

そんな時はとりあえず Google 検索。
それでも解決できなかったら、放っておいて、先に進む。
すると数ヶ月後に「こういうことか!」と全てが繋がる瞬間が必ずきます。
 
 

このサイトでは、私がプログラミングを勉強していた時にあれば良かったなと思うものを

  • 専門用語を使いすぎないこと
  • コードを書き写せば必ず動くこと
  • なるべくシンプルにすること

をモットーに紹介していきたいと考えています。

特に、プログラミングを始めたばかりの方に「プログラミングって楽しいな、もっと知りたいな」と思って頂けるようなものを作っていきたいと考えています
 
 

そして、ちょっと困ったなという時に気軽に相談できるような場所にしていければと思います。

Stack Overflow や terateil など日本語でプログラミングの質問ができるサービスがありますが、私は利用したことがありません。もちろん良い回答もたくさんあるのですが、なんだか冷たい感じの返信や、わざと小難しく答えている人がいたり、あまり良い印象がありません。。。
 

プログラミング言語は日々アップデートされていて、私もまだまだ知らないことばかりです。全ての質問に100% 答えられる訳ではありませんが、気軽に質問できるような場所にできればと考えています。
 

「サンプルコードを真似して書き続ける」という勉強法が良さそうだなと感じた方は、ぜひこのサイトにお越しください。
 

このサイトを通して、あなたのアイディアを形にするお手伝いをしたり、
プログラミングって楽しいなと感じて頂ければとても嬉しいです
 

Sara