リファレンス・カスタマイズ

【Android Studio】オプションメニューの作り方 – Java編

 

Kotlin 編はこちら
 

この記事では、アプリ画面右上に表示される オプションメニューの作り方を紹介します。
 

以下のようなメニューを作成・表示します。

 
 


 

開発環境

Android StudioChipmunk 2021.2.1
Android EmulatorNexus 4 (API 32)
minSdk16
compileSdk32

 

プロジェクトについて

OptionMenuSample という名前でプロジェクトを作成しています。

以下のファイルがある状態で実装していきます。

  • MainActivity.java
  • activity_main.xml

 
 

オプションメニューの作り方

1. レイアウトファイルの作成

Android Studio 画面左側のプロジェクト構造にある res フォルダの上で右クリックして、 New → Android Resource File を選択します。


 
 

File name に option_menu.xml と入力、Resource Type は Menu を選択します。


 
 

2. アイコンの用意

オプションメニューに表示するアイコンを用意します。

今回は Android Studio から簡単に用意できる Vector アイコンを使います。

ご自身で用意したアイコン画像を使う場合は drawable フォルダに画像を置いてください。

 

Android Studio 画面の一番左側にある Resource Manager を開きます。


 

+ ボタンをクリックして Vector Asset を選択します。


 

Clip Art をクリックします。


 

home を検索して OK を押します。


 

Next を押します。


 

Finish を押します。


 

同じ手順で email, person, phone アイコンも追加します。


 
 
 

3. レイアウトの用意

option_menu.xml を開いて、以下のようにレイアウトを用意します。

 

id 属性

クリックされた項目を識別できるように id を設定しておきます。
 

icon 属性

アイコン画像を指定します。
 

orderInCategory 属性

表示順を指定します。

このサンプルでは「アカウント」→「ホーム」の順番で XML を書いていますが、orderInCategory 属性によって「ホーム」→「アカウント」の順番で表示されます。
 

title 属性

表示名です。アイコンを指定してない場合に表示されます。
 

showAsAction 属性

アクションバー内での表示に関する設定をします。

ifRoom表示スペースがあればアクションバーに表示されます。スペースがない場合はオーバーフローメニュー内に表示されます。
withTexttitle 属性のテキストを表示します。ifRoom|withText のように書くことができます。
alwaysアクションバーに常に表示します。
neverアクションバーに表示せず、オーバーフローメニュー内に表示されます。
collapseActionViewこのアクションに関連づけられているビューが折りたたみ可能になります。

 
 
 

4. オプションメニューを表示する

MainActivity.java を開いて19~36行目を追加します。

 
 

19~23行目

onCreateOptionsMenu メソッドは、メニューを初めて表示する時に一度だけ呼び出されます。

動的にメニュー項目を変更する場合は onPrepareOptionsMenu メソッドを使います。
 
 

25~36行目

onOptionsItemSelected メソッドは、項目が選択されたときに呼ばれます。

このサンプルでは選択された項目のタイトルを Toast 表示していますが、押された項目ごとに処理が変わる場合は27~31行目のように書くことができます。

他にもメニューを閉じた時に呼ばれる onOptionsMenuClosed メソッドがあります。
 
 
 

5. 完成

以上で完成です。


 
 

補足:アイコンの色を変更する方法

アイコンの色は xml ファイル(drawable/ic_baseline_home_24.xml など)の1行目 android:tint 属性から変更できます。

<vector android:height="24dp" android:tint="#ffffff"
    android:viewportHeight="24" android:viewportWidth="24"

 


 
 

完成版のコード

option_menu.xml

MainActivity.java

 
 

Android 開発のための Java 入門講座

Java入門講座についてはこちら

私はこれまでにオンライン講座と書籍に35万円以上使ってプログラミングを勉強してきました。

しかし、講座や書籍でプログラミングの基礎を学んでも

  • それを使って何ができるのか
  • いつ役立つのか
  • 次に何をすれば良いのか

と分からないことばかりでした。
 

特に Android アプリ開発(Java)には苦労しました。
 

Android 開発には Java を学ぶ必要があると知って Java の入門書を買いましたが、文字と数字を出力するばかりで Android 開発との関係性がわからず、途中で読むのを辞めてしまいました。
 

次に Android Studio を使ったアプリ開発の本を数冊か買いましたが、今度は Java の解説が少なくて、説明も専門用語ばかりであまり読む気がしなかったことを覚えています。
 

この経験から、これからプログラミングを始めようという方に

  • 「プログラミングって楽しい!」
  • 「もっと勉強してみたい!」
  • 「もっとアプリを開発してみたい!」

と思っていただける入門講座を作れないかとずっと考えていました。
 
 
約2年かかってようやく完成したのが「Android 開発のための Java 入門講座」です!
 
 

 

この講座では Android Studio で簡単なアプリを開発しながら Java の基礎・Android 開発を学ぶことができます。

  • Android 開発に興味があるけれど、何から始めれば良いか分からない方
  • Java に一度挫折してしまった方

に特にお勧めの講座になっていますので、ぜひお試しください
 

 

 
 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx