プログラミング学習

【プログラミング学習】独学のメリット・デメリット

 

今回は独学でプログラミングの勉強を始めようと考えている方に「独学のメリット・デメリット」を紹介したいと思います。

プログラミングの勉強方法は

  1. 専門学校などのスクールに通う
  2. オンライン講座を利用
  3. 書籍やネットを使った独学

の3つに分けられます。

私の場合は「オンライン講座+独学」で学習しました。

オンライン講座といっても、プログラミング講座を自分で選んでいく TreehouseUdacity、スマホアプリの作り方という(情報商材のような?)教材で学んだので、独学に入るのかもしれません。

他には書籍、YouTube 動画、プログラミング言語の公式ドキュメントを利用してプログラミングを勉強しました。

なぜスクールを選ばなかったかというと、授業時間が決められていたり、みんなで勉強するというスタイルが自分に合わないと思ったからです。

これから紹介する独学のメリット・デメリットは私の経験・意見ですが、独学にしようか迷っている方の参考になれば嬉しいです🙂

 


 

メリット

料金が安い

独学の一番のメリットは「お金がかからない」ことです。

プログラミングスクールの料金を少し調べてみたのですが、安くて20万円、高額なものだと60万円近いものもありました。

まだ本格的にプログラミングを始めるか決めていなかったり、プログラミングを趣味として始めたいという方には、少しためらってしまう金額ですよね。

独学の場合は一度に何十万円も支払う必要はありません。まずは1500円の本を一冊で大丈夫です。

私が利用していた Treehouse も月29ドル(約3000円)、Udacity も基本無料でプログラミングを始めることができます。

日本でも Progate という無料で始められるサービスもあるようです。

このように初期費用をたくさん払う必要がなく気軽に始められるのが独学の一番のメリットです。

 

自分のペースで学習できる

2つ目のメリットは「自分のペースで学習できること」です。

プログラミングの理解やコードの解読に必要な時間は人それぞれなので、自分のペースで好きなだけ時間をかけて勉強を進めていけるというのはメリットだと思います。

今日は書籍を使ってコードを書いてみる、次の日はスキマ時間を使って動画でインプットなど、自分の予定や気分に合わせて勉強内容を決めることもできます。

 

好きなものを作ることができる

独学の場合は課題が決まっているわけではないので自分の好きなものを作ることができます。

プログラミングを学んでゲームを作ってみたい人もいれば、実用的なアプリを作りたい人、ウェブサイトを作りたい人など目的は様々です。

決められた課題ではなく自分の好きなものに集中できるのも独学の良さだと思います。

 
 

デメリット

すぐに質問できない

スクールやオンライン講座では電話・メールサポートが用意されていることが多いと思いますが、独学の場合は気軽に質問できる相手がいないのがデメリットです。

特にプログラミングと切っても切れないのがエラーです。

実際には Stackflow や Google 検索でエラーは解決できることがほとんどですが、これらに慣れるまでは質問できない環境が不便に感じるかもしれません。

【プログラミング学習】初心者の方向け、エラー解決のヒント プログラミング学習を始めて、絶対に避けて通れないのが「エラー」です。 エラーを解決できないと勉強が思うように進まないですし...

 

何をするかを自分で考えなくてはならない

スクールなどではカリキュラムが決められているので課題を順番に進めていけば良いですが、独学の場合は次に何をするかを自分で考えなくてはいけません。

自分のレベルに合わせて新しいことに取り組んだり、自分で考えながらアプリやウェブサイトを作っていく必要があります。

また独学の場合は、自分でコツコツと続けていかないといけないので、サボってしまったり、そのまま挫折してしまうことも考えられます。

 

言葉の読み方を間違えて覚えてしまう

これは私が初めてプログラミングの仕事を頂いた時の打ち合わせで気がついたことなのですが、一人で勉強していたせいで、プログラミング用語の読み方とイントネーションを間違えて覚えていることが多々ありました。

例えば引数。「ひきすう」が正しい読み方ですが、私は「いんすう」だと思っていました。
他にもCRONというものがあるのですが、読み方はクーロン。私はクローンと言っていました。

大したことではありませんが、こんな可能性もあるかもということだけご紹介しておきます。

 
 

まとめ

以上が独学のメリット・デメリットです。

独学でもスクールでもプログラミングは習得することはできます。

とにかくコツコツとたくさんコードを書くことがプログラミング習得の近道です。
あなたが一番楽しく続けられそうだなと思う方法でぜひチャレンジしてみてください🙂

 

Android Studioアプリ開発 まとめ Android Studio を使ったアプリ開発方法、カスタマイズ方法の記事をまとめています。 もくじ、メニューとしてご利用くださ...
もくじ - PHP & MySQL PHP・MySQL に関する記事をまとめています。 もくじ、メニューとしてご利用ください。 開発環境 【2...

 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい🙂
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です