コードのご利用について

コードについて

当サイトでは、できる限り簡単・シンプルにするために、簡略化できるコードを簡略せずに書いたり、専門用語や難しい言葉をなるべく使わないようにしています。プログラミング中級者以上の方はご理解ください。
 

記事の転載・引用について

コードの再配布、SNSやその他メディアへの転載はお断りしております。また、記事の引用・紹介をされる場合は、必ずサイト名とURLの表記をお願い致します。

サイト名:Code for Fun
URL:https://codeforfun.jp/各ページへのリンク
 

コードの利用について

当サイトで紹介しているコードをもとに、自分でアプリをリリースしたり、ご自身のプロジェクトに使っていただくことは大歓迎です!「アプリをリリースしました」というメッセージはとても嬉しく読ませていただいています🙂
 

当サイトで配布している画像・音声ファイルについて

「ダウンロード」ボタンが表示されて保存ができる状態になっている画像・音声ファイルは、再配布しない限りご自由にお使いください。
 
 
 

その他ご質問・不明点などありましたら、お問い合わせページからお気軽にお問い合わせください🙂

 
 

独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい🙂
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら