作って学べる
プログラミング講座
アプリを作りながら学習
自分のペースですぐに始められる
困ったら何回でも質問可能

【Android Studio】View Binding の使い方(Java & Kotlin対応)

Sara

この記事では findViewById を使わずに TextView や Button などにアクセスできるようになる View Binding(ビューバインディング)の使い方を紹介します。

findViewById メソッドを使う場合

[Java]    TextView textView = findViewById(R.id.textView);
[Kotlin]  val textView: TextView = findViewById(R.id.textView);

のように書きますが、無効な ID や間違った型を指定してしまうリスクがあります。

これを防ぐことが出来るのが View Binding です。

簡単に実装できてより安全なコードを書くことができるので、ぜひお試しください。

開発環境

Android StudioGiraffe | 2022.3.1
Android EmulatorNexus 4 (API 34)
minSdk19
compileSdk33

プロジェクトについて

Sample という名前でプロジェクトを作成しています。

使用するファイル

  • MainActivity.java / MainActivity.kt
  • activity_main.xml

activity_main.xml に TextView と Button を用意して、ボタンを押したら TextView の文字列を変更するコードを書いていきます。

View Binding の使い方

Step 1:View Binding を有効にする

Android Studio 画面左側のプロジェクト構造から Gradle Scripts → build.gradle.kts(Module :app) を開きます。
* Flamingo 以前の場合は build.gradle(Module :app) となっています。

11~13行目を追加します。

画面右上に表示される Sync Now をクリックします。

Step 2:レイアウトの用意

activity_main.xml を開いて TextView と Button を用意します。

11・19 行目のように id を付けることがポイントです。

Step 3:ビューをセットする

Javaのコード

MainActivity.java を開いて、11・16・17行目のコードを追加・変更します。

Kotlin のコード

MainActivity.kt を開いて、9・13・14行目のコードを追加・変更します。

解説

バインディングクラス名は XML ファイル名をキャメル型にして Binding を付けます。

例えば

activity_main.xml → ActivityMain + Binding → ActivityMainBinding
user_login_view.xml → UserLoginView + Binding → UserLoginViewBinding

となります。

Step 4:ビューを参照する

Button をタップしたら TextView の文字列を変えるコードを書きます。

Java のコード

11〜16行目を追加します。

Kotlin のコード

10〜12行目を追加します。

解説

Button 要素の id 属性は “@+id/btn” としたので

binding.btn.

で参照することができます。
 

TextView 要素の id 属性は “@+id/message” としたので

binding.message.

となります。

完成

アプリを実行してコードが動くことを確認しましょう。

Subscribe
Notify of
guest
2 Comments
古い順
新しい順 人気順
Inline Feedbacks
View all comments
taka
taka
4 months ago

ViewBindingの使用方法が大変、参考になりました。
androidのプログラム作成は初心者でして、画像から文字を認識するサンプルプログラムを他のサイトから入手して動作させたところ、build.gradle内の
viewBinding {enabled = true}
の部分が間違っていたらしく、こちらのサイトに記載されている
buildFeatures { viewBinding = true }
に修正したら動作するようになりました。
有難うございました。

ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィールはこちら
>> 書籍を出版しました!
>> お問い合わせはこちら
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

2
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました