ドメイン

初めて独自ドメインを取得するときの注意点と確認ポイント

 
自分のウェブサイトやブログを持つと、独自ドメインが必要になることがあるかもしれません。

私は現在使用しているドメイン・処分したドメインを合わせて10個以上取得してきましたが、わかりにくいドメインを取得してしまったり、Whois 情報公開代行について理解していなかったり、失敗が多々ありました。
 

今回は初めてドメインを取得しようと考えている方に、特に注意・確認していただきたい

  • ドメインの種類と選び方
  • ドメイン取得の料金
  • Whois 情報公開代行

について紹介します。
 


 

ドメインの種類と選び方

ドメインには

  • .com
  • .net
  • .jp
  • .biz
  • .xyz

など何百種類もあります。
 

種類がありすぎてどれが良いか迷ってしまうかもしれませんが、結論どれを使っても良いです。

.jp ドメインは日本に住所がないと取得できないので信頼性が高いと言われていますが、ウェブサイトを見てるときに「このサイトは .jp ドメインだから信頼性があるな」と確認することはほとんどありませんよね。
 

ドメインは

  • 自分のサイトのイメージに合っていること
  • サイト訪問者に覚えてもらいやすいこと

を意識して選ぶ方が大切です。
 

サイトのイメージ

例えば日本庭園サイトのドメインを取得する場合 nihonteien.com よりも nihonteien.jp のほうが何となく「日本らしさ」を感じるかもしれません。

英語学習サイトならば eigobenkyo.jp よりも eigobenkyo.com のほうが国際的な印象があります。

他にもビジネスに関するサイトなら .biz 、魚釣りのサイトなら .fish などサイトのイメージに合わせて選ぶのがオススメです。
 
 

覚えやすさ

サイト訪問者に覚えてもらえる、分かりやすいドメインにするというのも大切です。

例えば

  • 数字が多く入っているドメイン 例)domain9342378.com
  • 数字か英語なのかが分かりにくいドメイン 例)d0mainlst.com
  • 意味のない文字列のドメイン 例)sefjgoe.jp

 

このようなドメインは相手に伝えにくかったり、入力ミスが起きることも考えられます。

自分では意味のあるドメインにしているつもりでも、分かりにくい文字列は避けたほうが無難です。
 
 

ドメインを取得する時は

  • ウェブサイトの名前に合わせる
  • 数字を使わない
  • 海外からのアクセスが多く見込まれるものは .com
  • 日本からのアクセスが中心のものは .jp

ということを意識してみましょう。
 
 

料金

次に料金についてです。

ドメインによって料金は異なりますが、維持費が年間 1,000 ~ 3,000円必要になります。

「今だけドメインが 98 円!」という広告をみかけることがありますが、ほとんどの場合1年目だけの料金です。

どの種類のドメインも、更新時になると年間数千円が必要になるので申込時に注意してください。

 
 

Whois情報公開代行

一番注意していただきたいのが Whois 情報公開代行です。

Whois 情報とはドメイン取得者の名前・住所・電話番号などの情報です。公開が義務付けられているので、ネットで誰でも簡単に見ることができてしまいます。

会社や団体としてドメインを取得する場合は名前や住所が公開されても良いかもしれませんが、個人のウェブサイトやブログだと困りますよね。

個人情報を守るために、それぞれのドメイン業者で「Whois 情報公開代行」というものが用意されています。

これを利用すると個人名・住所・電話番号などの個人情報をドメイン業者の情報に変えてくれます。

ほとんどのドメイン業者では無料で Whois 情報公開代行を利用できますが、お名前ドットコムでは新規申込時のみ無料となるので、申込時に必ず「Whois 情報公開代行の利用」を確認してください。
 

*jp ドメインの場合
jp ドメインの Whois 情報公開代行はドメイン業者によって大きく異なります。

例えば
・登録者名だけ自分の名前が公開されてしまう(お名前ドットコム)
・登録者名を非表示にできる(エックスドメイン)
・全ての情報がドメイン業者の情報に置き換わる(スタードメイン)
など様々です。

自分の個人情報をできる限り隠したい場合は、ドメイン取得前に必ず確認してください。

jpドメイン業者の選び方についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【ドメイン業者5社比較】jpドメインのWhois情報公開代行は要注意 以前、自分の jp ドメインの Whois 情報をふと確認してみると「自分の名前が出ている!」ということがありました。 W...

 
 

まとめ

以上が独自ドメインを取得するときの注意点と確認ポイントです。

初めてドメインを取得するときは

  • ドメインはサイトのイメージに合うもの、覚えやすく間違えにくいものにする
  • 2年目以降の更新料金も確認する
  • Whois 情報公開代行を利用する

という点を確認してみてください。
 
 

おすすめドメイン業者

最後に、私が利用している・利用したことがあるドメイン業者4社を紹介します。

どこでドメインを取得するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください

*ドメインの料金は2020年9月現在のものです。
 

スタードメイン




オススメ度

価格が安くて、管理画面がスッキリとしているので初めてドメインを管理する方にオススメです。

.jp ドメインを取得して Whois 情報公開代行を利用した場合に、全ての情報をドメイン業者の情報に置き変えてくれるので、.jp ドメインを取得する方に特におすすめです。

このサイトで使用している .jp ドメインもスタードメインで管理しています。
 

.com ドメインの料金は取得 880円(税抜)更新 1,180円(税抜)です。
 

 
 

お名前.com




オススメ度

「ドメインといえばお名前.com」と言えるほど、一番大きなドメイン業者です。

初年度の費用が安いのが特徴ですが、初めてドメインを取得する人には管理画面が少し複雑かもしれません。

また、Whois 情報公開代行は新規申込時のみ無料となるので、ドメイン申込時に必ず「Whois 情報公開代行の利用」を確認してください。忘れてしまうと年間980円(税抜)必要になってしまいます。

.com ドメインの料金は取得 240円(税抜)更新 1,280円(税抜)です。
 

 
 

エックスサーバー(エックスドメイン)



オススメ度

レンタルサーバーの申し込みも検討している方はエックスサーバーがオススメです。

エックスサーバーでは、レンタルサーバーを申し込むとドメインを1つ無料で取得することができます。

ドメインだけ申し込む場合 .com ドメインの料金は 取得 260円(税抜)更新 1,180円(税抜)です。
 

サーバー公式サイトドメイン公式サイト
 
 

ConoHa Wing



レンタルサーバーの申し込みも検討している方は ConoHa Wing でもドメインを1つ無料で取得することができます。

当サイトも ConoHa Wing を使用してるので、お名前ドットコムで取得した.com ドメインを無料で ConoHa Wing に移管することができました。

ドメインだけ申し込む場合 .com ドメインの料金は 取得・更新ともに 1,280円(税抜)です。

参考:2020年からのレンタルサーバーは国内最速「ConoHa WING」がおすすめ
 
 

 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA