【Android Studio】ダイアログを表示する方法 ① 基本型(Java編)

Sara

この記事では基本的なダイアログの表示方法を紹介します。

>> Kotlin バージョンはこちら

>>さまざまなダイアログの使い方はこちら

開発環境

Android StudioGiraffe | 2022.3.1 Patch 2
Android EmulatorNexus 4 (API 34)
minSdk19
targetSdk34

プロジェクトについて

Sample という名前でプロジェクトを作成しています。

また activity_main.xml と MainActivity.java があることを前提に進めていきます。

解説

1. MyDialogFragment クラスを作成する

まずは DialogFragment クラスを extends(継承)したクラスを用意します。

Android Studio 左側のプロジェクト構造からパッケージ名(com.example.sample)を選択した状態で右クリックして、New → Java Class を選択します。

MyDialogFragment と入力して Enter キーを押します。

5 行目の extends DialogFragment を追加します。

2. ダイアログを作成する

ダイアログは2種類のデザインがあります。

AlertDialog

MaterialAlertDialog

まずは普通の AlertDialog を作成してみましょう。

onCreateDialog メソッドを追加して、以下のようにダイアログを作成します。

ここでは「タイトル・メッセージ・3つのボタン」を設定しました。

16行目: デザインを変える

MaterialAlertDialog にする場合は、16行目を以下のように変更してください。

return new MaterialAlertDialogBuilder(requireActivity())

19~23行目:ボタンを設定

ダイアログのボタンは

  • Positive(ポジティブ)
  • Negative(ネガティブ)
  • Neutral(ニュートラル)

の3種類を使うことができます。

全てのボタンを使う必要はありませんが、同じボタンを2つ使うことはできません。

ボタン使うメソッド
Positive肯定的な意味のアクション 例)OK、同意するsetPositiveButton
Negative否定的な意味のアクション 例)キャンセル、同意しないsetNegativeButton
NeutralPositive と Negative のどちらでもない場合 例)あとでsetNeutralButton

3. ダイアログを開くボタンを用意する

activity_main.xml にダイアログを開くボタンを用意します。

このような画面になります。

4. ダイアログを表示する

ボタンをタップしたらダイアログを表示するコードを追加します。

MainActivity.java に8~11行目を追加します。

10行目
dialogFragment.show(getSupportFragmentManager(), "my_dialog");

DialogFragment クラスの show メソッドでダイアログを表示します。

一つ目の引数には、フラグメントを管理しているオブジェクトを getSupportFragmentManager() で取得してセットしています。

二つ目の引数は、このダイアログフラグメントのタグです。このフラグメントを識別するために使う名前のようなものです。 

6. アプリを実行

アプリを実行してみましょう。

ボタンをタップしてダイアログが表示されたら完成です。

その他のダイアログの使い方は以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
【Android Studio】ダイアログの使い方まとめ(Java & Kotlin対応)
【Android Studio】ダイアログの使い方まとめ(Java & Kotlin対応)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
>> 詳しいプロフィールはこちら
>> 書籍を出版しました!
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました