プログラミング学習

【プログラミング学習】初心者の方向け、エラー解決のヒント

 

プログラミング学習を始めて、絶対に避けて通れないのが「エラー」です。

エラーを解決できないと勉強が思うように進まないですし、ここでプログラミングを諦めてしまったという話も聞きました。

私もプログラミングを始めたばかりの頃は、たった1行のミスに6時間費やした経験があります。何が原因かさっぱりわからず、開発環境をゼロからインストールし直したこともありました。

今でもエラーが出ることはありますが、時間をかけずにエラーの原因を見つけることができるようになっています。

今回はプログラミングを始めたばかりの方に「どのようにエラーを解決するかのヒント」を3つ紹介したいと思います。

エラー解決にお困りの時に参考にしてみてください
 

 

エラー解決のヒント

1. エラー発生場所の前後を確認

開発環境にもよりますが、多くの場合エラーメッセージは Error: xxxxxxxx on line 15 のように行数が表示されます。

まずは、この行の前後のコードを確認していきます。

 

「on line 15」と行数が表示されていても、必ずそこでエラーが起きているとは限りません。前後のコードも忘れずに確認してください。

関数などは公式ドキュメントなどで関数名・型・引数を正しく記述しているかも確認します。
 
 

2. エラーメッセージをグーグル検索

次はエラーメッセージをグーグル検索する方法です。

個人的にはグーグル検索で9割のエラーは解決できると思っています。
 

エラーメッセージを検索するだけですが、以下の3つを検索キーワードに含めないように注意してください。

検索に含めないキーワード
  • ファイルパス
  • 自分で設定したプロジェクト名、ファイル名
  • 行数
  • 日本語

 

例えばこのようなエラーが出たとします。
Error: xxxxxxxxxxx in /Applications/MAMP/htdocs/myproject/test.php on line 15
 

パス: /Applications/MAMP/htdocs/
プロジェクト名: myproject
ファイル名: test.php
行数: line 15

これらは直接エラーに関係している可能性が低いので、検索キーワードから除外します。
 
 

エラーメッセージに日本語が表示されることはあまり無いと思いますが「エラー / 解決 / 方法」などの日本語キーワードを追加しないようにします。

プログラミングに関する情報は英語のほうが圧倒的に多いため、なるべく多くの検索結果が表示されるようにするためです。
 

例えば CakePHP というフレームワークをインストールするときによく出るエラーについて「intl エラー」と「intl error」で Google 検索してみます。

検索結果
日本語「intl エラー」:約 363,000 件
英語 「intl error」:約 40,900,000 件
 

日本語を含めずに検索するだけで約 100 倍の検索結果が表示されます。

日本語を含めずに検索しても上位には日本語の記事が出てくる場合が多いので、英語を読みたくない方もまずは英語だけで検索してみて下さい。
 

ですので、先ほどのエラー
Error: xxxxxxxxxxx in /Applications/MAMP/htdocs/myproject/test.php on line 15
の場合は不要な部分を除外して「error xxxxxxxxxxx」というキーワードだけで Google 検索します。
 
 

ただしプラグインやフレームワークなど自分で書いていないコードでエラーが出た場合は、ファイル名と行数も含めて検索します。

これは他の人にも同じエラーが出ている可能性が高く、公式サイトの掲示板などで解決されていることが多いからです。
 
 

検索結果が表示されたら、上位3〜5件は目を通しましょう。

  • 上位に表示されているからといって適切なエラー解決をしているとは限らない
  • なるべく日付が新しいものを参考にする

という点に注意して、エラー解決法を探してみてください。
 
 

3. 最終手段

最後に紹介するのはすべてコメントアウトして、1行ずつ確認していくという方法です。

あまり効率の良い方法ではありませんが、

  • いつ、どこでエラーが出ているのか全く分からない
  • ログを開いてもどこを読めば良いか分からない

という方にオススメの方法です。
 

例えばこのようなコードがあるとします。

 
 

エラーが出ていると考えられるコードを全てコメントアウトして、その後1行ずつコメントアウトを外してプログラムを実行していきます。

 
 

少し時間はかかりますが、エラーの発生箇所を必ず見つけることができる方法です。

どうしても原因かわからない場合にお試しください。
 
 

まとめ

エラーを出さずに開発できるのが一番ですが、どんなに経験を積んでもエラーはプログラミングとは切り離せないものです。

とにかくエラーは自分で解決すればするほど早く解決できるようになります。
 

特にプログラミングを始めたばかりの頃は、すぐに人に聞きたくなってしまうかもしれませんが

  • まずは自分で数時間考えてみる
  • とりあえず1日寝かせてもう一度考える

ということをオススメします。
 

時間を空けてから見直してみると案外あっさり解決できてしまうこともよくあります。

最初は大変に感じるかもしれませんが、プログラミングのエラーはクイズやパズルのようなものです。

ぜひ楽しんで挑戦してみてください
 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA