XAMPP

XAMPP終了時のエラー解決法 Error: Cannnot create file "C:¥xampp¥xampp-control.ini"

 

XAMPP を終了するときに

Error: Cannnot create file "C:¥xampp¥xampp-control.ini", アクセスが拒否されました。

と表示される場合があります。


 
 

これは xampp-control.ini ファイルに書き込みできないことが原因なので

  1. 管理者として XAMPP を実行する
  2. xampp-control.ini ファイルの書き込み権限を変更する

のどちらかで解決することができます。
 

この記事では2つの方法を紹介しています。
 


 

解決法

方法① 管理者として XAMPP を実行する

管理者権限で実行するには XAMPP の上で右クリックして「管理者として実行」を押します。


 

検索画面では以下のように表示されます。


 

「許可しますか」と表示されたら「はい」を押して XAMPP を起動します。
 

管理者として実行することで XAMPP を閉じるときのエラーは表示されなくなります。
 
 

常に管理者として実行する

毎回「管理者として実行する」を選択するのが面倒な場合は、常に管理者として実行されるように変更することもできます。
 

C:¥xampp フォルダを開いて xampp-control.exe の上で右クリックします。


 

「プロパティ」を選択します。


 

「互換性」タブを開いて「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れて「適用」を押します。


 

以上で毎回管理者として実行されるようになります。
 
 
 

方法② ファイルの書き込み権限を変更する

2つ目の方法は、一般ユーザーでも xampp-control.ini ファイルに書き込みできるように設定を変更する方法です。
 

C:¥xampp フォルダを開いて xampp-control.ini の上で右クリックします。


 

「プロパティ」を選択します。


 

「セキュリティ」タブを開いて「編集」を押します。


 

上部で「Everyone」を選択した状態で「書き込み」許可にチェックを入れて「適用」を押します。


 
 

一般ユーザにも書き込みを許可することで、管理者として実行しなくても XAMPP 終了時に書き込みができるようになり、エラーは表示されなくなります。
 

一般ユーザ-権限でもほとんどの機能は問題なく使うことはできますが、100パーセント動作するとは言えません。管理者権限で実行する方がより安全になります。

 
 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx