Jetpack Compose

【Android】Jetpack Compose 入門講座 第1回「プロジェクトの作成」

Sara

はじめに

まずは Jetpack Compose でアプリを開発するためのプロジェクトを用意します。

Android Studio をインストールしていない方は、まずこちらからご用意ください。

>> ここまでの記事はこちら

プロジェクトの作成

Step 1

Android Studio のスタート画面が開いている場合は New Project をクリックします。

すでに開いているプロジェクトがある場合は、左上のプロジェクト名をクリックして New Project を選択します。

Step 2

アプリのレイアウトを選択します。ここでは Empty Activity を選択します。
Empty Views Activity と間違いやすいのでご注意ください。

Step 3

プロジェクト情報を入力していきます。

① Name

ここではアプリ名(プロジェクト名)を入力します。

まずは My Application のまま進めていきます。

② Package name

ここにはパッケージ名を入力します。

パッケージ名はPlay ストアにアプリを公開した時に URL に使用されるアプリケーションID(アプリ固有の名前)にもなります。

固有の名前になるようにドメインを使うのが一般的ですが、今回はテスト用のプロジェクトなので com.example.myapplication のまま進めます。

③ Save location

このファイルの保存先を指定します。

AndroidStudioProjects フォルダにしておけば問題ありません。

④ Minimum SDK

SDK とはアプリの開発キットのようなもので、どのバージョンにするかでどこまで古い機種に対応させるかが決まります。

Jetpack Compose の場合は API 21 以上にする必要があるので、ここでは API 21 を選択します。

⑤ Build configuration language

アプリの設定ファイルの書き方に関する設定です。

ここも変更せずに進めます。

すべて入力できたら画面右下の Finish を押すと、プロジェクトの作成が始まります。

次に行うこと

作成されたプロジェクトには、すでにコードがたくさん書いてあります。まずは最初から用意されているコードを確認していきましょう。

第2回「基本的な構造」に進む

講座の最新情報はこちら

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィール
>> お問い合わせ
>> 書籍を出版しました!
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました