リファレンス

font-weightプロパティの使い方・サンプルコード

font-weightプロパティは、数値またはキーワードでフォントの太さを指定します。
 
 

使用できる値

セレクタ {
 font-weight: ここに値を指定
}

 

表示スタイル
数値で指定100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900 の9段階で指定。こんにちは(100に指定)
こんにちは(900に指定)
normal標準(400)こんにちは
bold太字(700)こんにちは
bolder親要素より1段階(100)太くするこんにちは
lighter親要素より1段階(100)細くするこんにちは

* 指定している font-family によって表示スタイルは異なります。
 
 

使用例

HTML
<p>「<span class="bold">太字</span>」にします。</p>
<p>「<span class="fw-100">100</span>」にします。</p>
<p>「<span class="fw-900">900</span>」にします。</p>
CSS
.bold {
  font-weight: bold;
}
.fw-100 {
  font-weight: 100;
}
.fw-900 {
  font-weight: 900;
}
実行結果

 
 

対応ブラウザ

 
 

関連するHTML要素

 
HTML タグ一覧はこちら
 
 

関連するCSSプロパティ

 

CSS プロパティ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx