HTML リンク種別まとめ

<a>, <area>, <link> 要素を使用してリンクを作成するときに、現在のページとリンク先の関係を示します。

rel 属性の値としてリンク種別を書きます。

<a href="https://sample.com" rel="リンク種別">リンク</a>

 
 

使用できるリンク種別一覧

alternate

同じ内容の HTML 文書が存在するときに、それらを区別するために使用します。

例えば

  • スマートフォン向けのページ(media 属性を使用)
  • 別の言語のページ(hreflang 属性を使用)
  • 代替スタイルシート(<link> タグを使用)

に使用します。
 

author

HTML の作者についてのページへのリンクを定義します。
 

bookmark

一番近い祖先の<article>要素へのリンク、または一番関連があるセクションへのリンクを意味します。
 

canonical

内容が似ている HTML 文書があるときに、検索エンジンが重複コンテンツと評価しないようにします。
 

external

現在のサイトではなく、外部のサイトへのリンクであることを示します。
 

help

詳細なヘルプページへのリンクであることを示します。
 

icon

ブラウザのタブやブックマークに表示されるアイコンを指定します。
 

license

著作権・ライセンス情報のページへのリンクを示します。
 

manifest

指定したリンクがウェブアプリマニフェスト(名前・作者・アイコンなどの情報)であることを示します。
 

modulepreload

モジュールスクリプトの読み込みを優先させます。
 

next

現在のページの、一つ後のリンクであることを示します。
 

nofollow

リンク元のページの作者にとって「重要でない」「お勧めできない」リンクであることを示します。
 

noopener

リンクを新しいコンテキスト(タブ・ウィンドウ)で開き、もとの HTML 文書にアクセスしないようにすることを指示します。
 

noreferrer

リンク先へ移動する時に、リファラとして情報を送信しないようにします。
 

pingback

pingback のアドレスを指定するときに使用します。
 

prefetch

リンク先のリソースを事前に読み込むようにブラウザに提案します。
 

preload

リソースをダウンロードしておくことをブラウザに指示します。
 

prev

現在のページの、一つ前のリンクであることを示します。
 

search

リンクがサイト内検索をするための文書であることを示します。
 

shortlink

短縮リンクであることを示します。
 

stylesheet

CSS スタイルシートであることを示します。
 

tag

現在の文書に関するタグのページであることを示します。
 
 

非推奨・廃止・試行段階のリンク種別

  • archives
  • dns-prefetch
  • first
  • import
  • index
  • last
  • preconnect
  • prerender
  • sidebar
  • up

 
 

<a>, <area>, <link> への使用可・不可一覧

<a><area><link>
alternate
author
bookmark×
canonical
external×
help
icon××
license
manifest××
modulepreload××
next
nofollow×
noopener×
noreferrer×
pingback××
prefetch
preload××
prev
search
shortlink××
stylesheet××
tag×

○:使用可 ×:使用不可 -:不明・未実装
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい🙂
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA