画像関連

【PHP・MySQL】データベースに画像を保存・表示する方法 第2回「データベースの用意」

Sara

 
ここまでの記事はこちら

今回は MySQL データベースとテーブルを作成しましょう。

解説

データベースの作成

まずは、phpMyAdmin の管理画面を開きます。
ローカル環境の場合 http://localhost/phpMyAdmin/ という URL になっていると思います。

管理画面を開いたら、メニューにある「データベース」をクリックします。

データベース名に my_image と入力して「作成」を押します。

テーブルの作成

データベースが作成できたら、次にテーブルを作成します。

テーブル名「images」カラム数「6」と入力して「実行」を押します。

カラムの作成

次にカラムを作成します。

名前データ型
image_idint / AUTO_INCREMENTデータのID
image_namevarchar(256)画像の名前
image_typevarchar(64)画像タイプ(image/jpeg, image/png など)
image_contentmediumblob画像ファイル
image_sizeint画像サイズ
created_atdatetimeデータの作成日時

image_id は A_I(AUTO_INCREMENT)にチェックを入れます。この設定をすることで、データを追加するたびに1から順番に番号が付与されます。

全て入力できたら「保存」を押します。 

このようにテーブルが準備できれば完了です。

次に行うこと

これで データベースの用意は完了です!

次回は作成したデータベースに画像データを保存していきましょう。

PHP・MySQL
カレンダー開発講座

カレンダーを開発しながら

  • MySQLにデータを保存・編集・削除・検索する方法
  • タブレット・スマートフォンに対応させる方法
  • Datetimepicker の使い方
  • CSV ファイルを使った祝日の表示

など幅広く学ぶことができる講座です。

何か開発してみたい方、より実用的なコードを学びたい方にオススメです。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました