画像関連

【PHP・MySQL】データベースに画像を保存・表示する方法「複数の画像を保存する」

Sara

 
ここまでの記事はこちら

この記事では「複数の画像を一括保存する方法」を紹介します。

第5回「画像を削除する」が完了している状態から始めます。

コードをご自身で用意するか、以下のリンクからダウンロードしてお進みください。
サンプルコードをダウンロードする

解説

input タグの変更

list.php の 64 行目あたりに書いた input タグを以下のように変更します。

<input type="file" name="image[]" multiple="multiple" required>

image[]

複数のファイルのデータを配列として受け取れるようにします。

multiple=”multiple”

「ファイルを選択」ボタンを押した時に、複数のファイルを選択できるようになります。

画像を保存する

画像を保存するコードを、11~29行目のように書き換えます。

選択した画像ファイルは以下のような配列で渡されるので、これを for ループを使って順番に取り出して保存していきます。

完成

以上で完成です!

実際にアプリケーションとして運用する場合は

  • 保存可能サイズのチェック
  • ファイル形式の判定

などの処理も入れることがあると思います。

その場合はトランザクション処理も入れておくと安心です。

あわせて読みたい
【PHP】トランザクションの書き方 – 入門編
【PHP】トランザクションの書き方 – 入門編
PHP・MySQL
カレンダー開発講座

カレンダーを開発しながら

  • MySQLにデータを保存・編集・削除・検索する方法
  • タブレット・スマートフォンに対応させる方法
  • Datetimepicker の使い方
  • CSV ファイルを使った祝日の表示

など幅広く学ぶことができる講座です。

何か開発してみたい方、より実用的なコードを学びたい方にオススメです。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました