ゲームアプリ (Catch the Ball)

【Android Studio】 ゲームアプリ開発入門 第12回 「複数の画面サイズに最適化」

ここまでの記事はこちら
 

今回はこのゲームの総仕上げです!

ここまでNexus4のエミュレーターを使って開発してきましたが、他の画面サイズでもゲームを楽しめるように、ボックスとボールの動くスピードを調整していきます。
 


 
 

動画

動画では Android Studio 3.1.4 を使用していますが 3.6 でも動作確認済みです。

【Android Studio】ゲームアプリ開発入門 #12 複数の画面サイズに最適化

 
 

解説

速度の計算方法

機種や画面サイズによって値を変えるには、解像度によって分けて定数化するなど、いくつか方法があります。

今回は「スクリーンサイズをもとに計算する」方法で実装します。

この方法だと、新しくファイルを用意したり細かい機種分けも考える必要がありません。
 

現在は Nexus4で開発しているので、ボックスとボールの動くスピードは

  • ボックス 20
  • オレンジボール 12
  • ピンクボール 20
  • 黒いトゲトゲ 16

になっています。

これを既に取得してある screenWidth と screenHeight をもとに計算していきます。
 
 

速度を計算する

MainActivity.javaを開いて、5~8行目を追加します。

 

4~7行目を追加します。

 

Nexus4, Nexus5, Nexus6 のそれぞれの速度の計算結果は以下のようになります。

細かい機種の画面サイズを調べたい場合はこちらのサイトが便利です。
 
 

速度をセットする

6・15・24・34・36行目を変更します。

 
 

アプリを実行

アプリを複数のエミュレーターで実行してみてください。

動画では「Nexus4, Nexus5, Nexus6」でテストしました。

 
 

まとめ

お疲れ様でした!これで全て完成です
 

たくさんコードを書いてきましたが「絶対にこう書かなくてはいけない」という箇所はありません。

何通りもの実装方法があるのも、プログラミングの楽しさです。

ご自身でアレンジして、オリジナルのゲームを作ってみてくださいね。

そしてオリジナルゲームをリリースした時は、ぜひお知らせください。「こんなゲーム作れたよ」というご報告を頂けるのは本当に嬉しいので、すぐチェックしに参ります
 
 

クイズアプリ開発講座もあるのでこちらもぜひお試しください

【必ず完成できる】 Android Studio 4択クイズアプリ開発講座 Android Studioクイズアプリ開発講座へようこそ! この講座では4択クイズアプリの作り方を紹介していきます。 ...

 
 

完成版のサンプルコードはこちらからダウンロードできます。

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA