ゲームアプリ (Catch the Ball)

【Android Studio】ゲームアプリ開発入門 第12回「複数の画面サイズに最適化」

 
ここまでの記事はこちら
 

今回はこのゲームの総仕上げです!

ここまで Nexus4 のエミュレーターを使って開発してきましたが、他の画面サイズでもゲームを楽しめるように、ボックスとボールの動くスピードを調整していきます。
 


 
 

動画

動画では Android Studio 3.1.4 を使用していますが 3.6 / 4.0 / 4.1 / 4.2 でも動作確認済みです。

【Android Studio】ゲームアプリ開発入門 #12 複数の画面サイズに最適化

 
 

解説

速度の計算方法

機種や画面サイズによって値を変えるには、デバイスの解像度によって定数ファイルを作成するなどいくつか方法があります。

今回は「スクリーンサイズをもとに計算する方法」で実装します。

この方法だと新しくファイルを用意したり、細かい機種分けも考える必要がないのでオススメです。
 

現在は Nexus4 で開発しているので、ボックスとボールの動くスピードは

  • ボックス 20
  • オレンジボール 12
  • ピンクボール 20
  • 黒いトゲトゲ 16

になっています。

これを既に取得してある screenWidth と screenHeight をもとに計算していきます。
 
 
 

速度を計算する

MainActivity.java を開いて、5~8行目を追加します。

 
 

4~7行目を追加します。

 
 

Nexus4, Nexus5, Nexus6 のそれぞれの速度の計算結果は以下のようになります。

細かい機種の画面サイズを調べるにはこちらのサイトが便利です。
 
 
 

速度をセットする

6・15・24・34・36行目を変更します。

 
 
 

アプリを実行

アプリを複数のエミュレーターで実行してみてください。

動画では Nexus4, Nexus5, Nexus6 でテストしました。

 
 
 

まとめ

お疲れ様でした、これで全て完成です!

たくさんコードを書いてきましたが「絶対にこう書かなくてはいけない」という箇所はありません。

何通りもの実装方法があるのも、プログラミングの楽しさです。ご自身でアレンジして、オリジナルのゲームを作ってみてくださいね。

そしてオリジナルゲームをリリースした時は、ぜひお知らせください!「こんなゲーム作れたよ」というご報告を頂けるのは本当に嬉しいので、すぐチェックしに参ります
 

補足:Warning の解消方法

Warning の解消方法を追加しました。
そのままにしておいても今のところプログラム自体に影響はないので、気になる方だけ進めてみてください。

第13回 「Warningの解消 -XML編-」に進む
 
 

完成版のサンプルコード

完成版のサンプルコードは GitHub からダウンロードできます。
GitHub : https://github.com/codeforfun-jp/catch-the-ball-version1
参考:GitHubからAndroid Studio プロジェクトをダウンロード・実行する方法
 
 

 
 
 
Android Studioアプリ開発のメニューはこちら
 

 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
挫折しないプログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx