【Android Studio】コンテキストメニューの作り方 – Java編

Sara

この記事では コンテキストメニューの作り方を紹介します。

コンテキストメニューとは、ユーザーが画面を長押しすると表示されるメニューです。

以下のようなメニューを作成・表示します。

開発環境

Android StudioChipmunk 2021.2.1
Android EmulatorNexus 4 (API 32)
compileSdk / targetSdk32
minSdk16

プロジェクトについて

ContextMenuSample という名前のプロジェクトを作成して

  • MainActivity.java
  • activity_main.xml

がある状態で実装していきます。

オプションメニューの作り方

1. レイアウトファイルの作成

Android Studio 画面左側のプロジェクト構造にある res フォルダの上で右クリックして、 New → Android Resource File を選択します。

File name に context_menu.xml と入力、Resource Type は Menu を選択します。

2. アイコンの用意

メニューに表示するアイコンを用意します。

今回は Android Studio から簡単に用意できる Vector アイコンを使います。

ご自身で用意したアイコン画像を使う場合は drawable フォルダに画像を置いてください。

Android Studio 画面の一番左側にある Resource Manager を開きます。

+ ボタンをクリックして Vector Asset を選択します。

Clip Art をクリックします。

phone を検索して OK を押します。

Next を押します。

Finish を押します。

同じ手順で email アイコンも追加します。

3. レイアウトの用意

context_menu.xml を開いて、以下のようにレイアウトを用意します。

id 属性

クリックされた項目を識別できるように id を設定しておきます。

icon 属性

アイコン画像を指定します。(* 低い API ではアイコン画像が表示されない場合があります。)

title 属性

表示名です。

orderInCategory 属性

表示順序を指定することができます。(このサンプルでは使用していません。)

4. activity_main.xml の用意

今回は MainActivity 画面を長押しした時にメニューを表示させたいので、activity_main.xml の親レイアウトに id を用意しておきます。

activity_main.xml を開いて、7行目を追加します。

5. オプションメニューを表示する

MainActivity.java を開いて19・22~39行目を追加します。

19行目
registerForContextMenu(findViewById(R.id.rootLayout));

先ほど activity_main.xml に用意した id を使って「どのビューを長押しした時にコンテキストメニューを表示するのか」を登録します。

これを書かないとメニューが表示されないのでご注意ください。

22~26行目

onCreateContextMenu メソッドは、メニューを表示する時に呼び出されます。

28~39行目

onContextItemSelected メソッドは、項目が選択されたときに呼ばれます。

このサンプルでは選択された項目のタイトルを Toast 表示していますが、押された項目ごとに処理が変わる場合は30~34行目のように書くことができます。

他にもメニューを閉じた時に呼ばれる onContextMenuClosed メソッドがあります。

6. 完成

以上で完成です。

完成版のコード

Q
context_menu.xml
Q
activity_main.xml
Q
MainActivity.java
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました