リファレンス・カスタマイズ

【Android Studio】SeekBarの使い方 – Kotlin編

Java 編はこちら
 

この記事では、音量調節やサイズ調節に使うことができる SeekBar の使い方を紹介します。
 

実装するのは

  1. TextView に SeekBar の初期値を表示
  2. SeekBar を変更したら TextView を更新
  3. Button を押したら初期値に戻す

の3つです。
 

【完成イメージ】

 
 


 

開発環境

Android StudioChipmunk 2021.2.1
Android EmulatorNexus 4 (API 32)
minSdk16
compileSdk32

 

プロジェクトについて

SeekbarSample という名前でプロジェクトを作成しています。

以下のファイルに実装していきます。

  • MainActivity.kt
  • activity_main.xml

 
 

Snackbarの使い方

1. レイアウトの用意

activity_main.xml を開いて、以下のようにレイアウトを用意します。

 

22行目

max 属性で SeekBar の最大値を指定します。

最小値は0になるので、ここでは0~100の範囲で数値を取得することができます。
 

23行目

progress 属性で初期値を設定できます。
 
 
 

2. SeekBarの値を取得する

まずは TextView に SeekBar の初期値を表示します。

MainActivity.kt を開いて、6~11行目を追加します。

 
 

3. SeekBarの値を変更する

「リセット」ボタンを押したら、初期値50の位置に戻るようにします。

9~11行目を追加します。

 
 

4. SeekBarイベントリスナー

SeekBar の動きに合わせて TextView の値を更新します。

SeekBar に加えた変更は OnSeekBarChangeListener を使って取得することができます。

用意されているメソッドは

  • onProgressChanged(変更中)
  • onStartTrackingTouch(変更開始時)
  • onStopTrackingTouch(変更終了時)

の3つです。
 

9~19行目のコードを書きます。

 

11行目

1つ目の引数 p0 は イベントが発生している SeekBar です。

2つ目の引数 p1 が SeekBar の現在の値です。

3つ目の引数 p2 は「ユーザーが加えた変更か」を Boolean 型で取得できます。
 
 

5. 完成

以上で完成です!


 

完成版のコード

activity_main.xml

MainActivity.kt

 
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座

Kotlin入門講座についてはこちら

Kotlin の入門書や入門講座では「文法を学んでもそれをいつどこで使うのか分からない」「アプリ開発との関連が分からない」ということがよくあります。
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座では「Kotlin 文法を学ぶ→アプリ開発する」を繰り返して、合計3つのアプリを開発していきます。

  • とにかく Android アプリを開発してみたい!
  • Android 開発に興味があるけれど、何から始めれば良いかわからない
  • プログラミングに挫折したことがある

という方にお勧めの講座になっています。

この講座でプログラマーへの第一歩を踏み出しましょう
 

 
 

 
 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx