4択クイズアプリ(Kotlin)

【Android Studio】Kotlinでつくるクイズアプリ講座 第7回「結果の表示」

Android Studio Chipmunk | 2021.2.1 での動作確認を完了しました。(2022年5月)

この講座の目次はこちら
 

いよいよ最後の仕上げです。

クイズが終わったら結果画面に移動して、クイズの正解数を表示してみましょう。
 
 


 

動画

準備中

 
 

テキスト

1. View Binding の用意

クイズ画面と同じく ViewBinding を使えるようにします。

ResultActivity.kt を開いて5・9・14~16行目を追加します。

 
 
 

2. 正解数を ResultActivity に渡す

正解数を結果画面に表示できるように、rightAnswerCount(正解数)を MainActivity(クイズ画面)から ResultActivity(結果画面)へ渡します。

正解数をインテントで渡す
 
 

MainActivity.kt の checkQuizCount 関数に4~6行目を追加してください。

 

必要なimport

3行目あたりに import が追加されます。

import android.content.Intent

 
 

Intent(インテント)の使い方

新しくアクティビティを開くときは Intent(インテント)クラスを使います。

val intent = Intent(Context context, Class <?> cls)
startActivity(intent)

context(コンテキスト)には現在のアクティビティ、cls には 表示するアクティビティを Class オブジェクトで書きます。

次に作成したインテントを startActivity に渡すことでアクティビティを表示することができます。
 
 

今回は rightAnswerCount(正解数)を ResultActivity(結果画面)で使いたいので、startActivity の前にこの1行を書いています。

intent.putExtra("RIGHT_ANSWER_COUNT", rightAnswerCount)

putExtra(取り出す時に使うキー, 渡したい値) と書くことで、遷移先のアクティビティに値を渡すことができます。

キーは String 型(文字列)ですが、値には String, Int, Float などをセットすることができます。
 
 
 

3. 正解数の表示

結果画面で正解数を受け取って表示します。

ResultActivity.kt を開いて、5・8行目を追加します。

 

5行目:正解数を取得

val score = intent.getIntExtra("RIGHT_ANSWER_COUNT", 0)

値を渡す時に使ったキー RIGHT_ANSWER_COUNT を使って正解数を受け取ります。

正解数は Int 型だったので getIntExtra メソッドを使います。

書き方は getIntExtra(キー, 値が取得できなかった場合の値) となります。
 
 

8行目:正解数を表示

binding.resultLabel.text = getString(R.string.result_score, score)

resultLabel に正解数を「3 / 5」と表示します。

クイズ画面の countLabel と同じように %d の部分に数値 score を入れています。
 
 
 

4. 「もう一度」ボタン

ResultActivity.kt の onCreate 関数に6~8行目を追加します。

 

今回は onClick 属性ではなく setOnClickListener を使いました。

ここでも Intent を使ってアクティビティを切り替えますが、MainActivity に渡す値はないので1行にまとめて書いています。
 
 
 

5. アプリの実行

ここでアプリを実行してみてください。

正解数が ResultActivity に渡されて、結果画面に正しく表示されたでしょうか?

結果画面の確認
 
 
 

完成

お疲れ様でした、これで完成です!

「アプリ開発って意外と簡単だな」と感じて頂けていれば嬉しい限りです。クイズ内容は自由にアレンジして構わないので、ぜひオリジナルのアプリを作ってみてくださいね
 

【有料記事】Kotlinでつくるクイズアプリ講座「Warning解消とDialogFragmentの実装」 ダイアログのコードを修正しました。(2022年2月) この講座の目次はこちら この記事では Warning ...

 

 
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座

Kotlin の入門書や入門講座では「文法を学んでもそれをいつどこで使うのか分からない」「アプリ開発との関連が分からない」ということがよくあります。
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座では「Kotlin 文法を学ぶ→アプリ開発する」を繰り返して、合計3つのアプリを開発していきます。

  • とにかく Android アプリを開発してみたい!
  • Android 開発に興味があるけれど、何から始めれば良いかわからない
  • プログラミングに挫折したことがある

という方にお勧めの講座になっています。

この講座でプログラマーへの第一歩を踏み出しましょう
 

 
 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx