Kotlin

【2024年版】VSCodeでKotlinを実行する方法(Windows&Mac対応)

Sara

ここでは Visual Studio Code で Kotlin コードを実行する方法を紹介します。

Kotlin を実行するには

  • Java JDK
  • Kotlin コンパイラ

が必要になります。

まずはこの2つをインストールしてから VSCode で Kotlin コードを実行しましょう。

Java JDK の確認

まずは Java JDK がインストールされていることを確認します。

Windows の方はコマンドプロンプト、Mac の方はターミナルを開きます。

javac -version と入力して Enter キーを押します。

Java JDK がインストールされている場合は javac 21.0.3 のようにバージョン名が表示されます。このまま設定を進めていきましょう。

「javac は、内部コマンド〜」「The operation couldn’t be~」というメッセージが表示される場合は Java JDK がインストールされていません。

まずは Java JDKのインストール方法(Windows & Mac対応)から Java JDK をインストールしてください。

Kotlinコンパイラのインストール

Windows の場合

Kotlin コンパイラのダウンロード

GitHub から最新の Kotlin コンパイラをダウンロードします。
ダウンロードはこちら:https://github.com/JetBrains/kotlin/releases/tag/v2.0.0

画面の下の方に kotlin-compiler-2.0.0.zip というファイルがあるので、クリックしてダウンロードします。

Kotlin のインストール

zip 形式でダウンロードされるので展開します。

kotlinc フォルダをまるごと任意の場所に移動します。

ここでは Program Files フォルダに置きました。

kotlinc フォルダの中にある bin フォルダのパスをコピーしておきます。

環境変数の設定

Kotlin を使うための設定をします。

「システム環境変数の編集」を開きます。path と検索すると簡単に見つかります。

「環境変数」をクリックします。

「システム環境変数」にある Path を選択して「編集」をクリックします。

ユーザー環境変数とシステム環境変数の違いは、ログイン中のユーザーのみに設定するか、全てのユーザーに設定するかです。

「新規」をクリックして、先ほどコピーしたパスを入力して「OK」を押します。
例)C:¥Program Files¥kotlinc¥bin

インストールの確認

コマンドプロンプトを開いて kotlinc -version と入力して Enter キーを押します。

Kotlin のバージョンが表示されたら完了です。

VSCode で実行にお進みください。

Mac の場合

Homebrew の確認

Homebrew を使って Kotlin をインストールします。

Homebrew をインストールしていない場合は https://brew.sh/ja/ にアクセスして、ターミナルでコマンドを実行してください。

Kotlin のインストール

ターミナルを開いて brew install kotlin と入力して Enter キーを押します。

インストールの確認

インストールが終わったら kotlinc -version と入力して Enter キーを押します。 

Kotlin のバージョンが表示されたら完了です。

VSCodeで実行

VSCode を開いてください。

Kotlin ファイルを作成

任意の場所にファイル名.kt のようにファイルを作成して、確認用のコードを書きます。

fun main() {
    println("Hello, world!!!")
}

ここでは /User/admin/kotlin-samplehello.kt というファイルを作成しました。

Kotlin ファイルを実行

ターミナルを開いて kotlinc ファイル名.kt -include-runtime -d ファイル名.jar と入力して Enter キーを押します。
例)kotlinc hello.kt -include-runtime -d hello.jar

作成された hello.jar を実行します。

java -jar ファイル名. jar と入力して Enter キーを押します。
例)java -jar hello. jar

Hello, World! と表示されたら成功です。

このようにコマンドを入力して Kotlin コードを実行しますが、毎回コマンドを入力するのは面倒です。

このあと紹介する拡張機能 Code Runner を入れると簡単に実行できるようになるので、ぜひ入れておくことをオススメします。

便利な拡張機能

必須ではありませんが、入れておくと便利な拡張機能を紹介します。

拡張機能① Kotlin Language

Kotlin コードの入力をサポートしてくれる拡張機能です。

拡張機能② Code Runner

Kotlin 実行時にコマンドを入力しましたが、これを自動的に入力して実行してくれる拡張機能です。

右上に表示される ▷ を押すとコードを実行されます。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィール
>> お問い合わせ
>> 書籍を出版しました!
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました