開発環境

【2021年版】PostfixからGmail経由でメールを送信する方法

 

この記事では「Postfix から Gmail 経由でメール送信する方法」を紹介しています。

macOS には Postfix がインストールされているので、Gmail の情報を登録すれば簡単にメール送信を行うことができます。

XAMPP や MAMP などのローカル環境でもメール送信できるようになるので、設定しておくと便利です。
 


 

Gmail の準備

アカウント作成

Gmail アカウントを持っていない方は、こちらからアカウントを作成してメールアドレスを用意してください。
 
 

2段階認証の設定

次に「2段階認証プロセス」を有効化します。
*すでに有効化している場合は「アプリパスワードを取得」にお進みください。

以前は2段階認証なしでもメール送信できたのですが、現在は「安全性が低いアプリ」と判定されてしまうため、2段階認証を有効にしておきます。

Gmail にログインして、画面右上のアイコンをクリック→「Googleアカウントを管理」を押します。


 
 

左側メニューにある「セキュリティ」を選択します。


 
 

「2段階認証プロセス」を押します。


 
 

「開始」を押して設定を進めてください。


 
 

設定後に「2段階認証プロセス」がオンになっていれば完了です。


 
 
 

アプリパスワードを取得

次にアプリパスワードを取得します。

「アプリパスワード」を選択します。


 
 

「アプリを選択」で「その他(名前を入力)」を選択します。


 
 

自分で分かりやすい名前を入力して「生成」を押します。


 
 

このパスワードは Gmail のログイン情報を登録するときに使うので、この画面を開いておくかパスワードをメモしておいてください。


 
 
 

Postfix の設定

次に Postfix の設定を進めていきます。

ここからは /etc/postfix/ に新しいファイルを作成・編集していきます。

テキストエディタなどで作業することもできますが、ターミナルを使っていきます。
 

main.cf ファイルの編集

sudo vi /etc/postfix/main.cf と入力して Enter を押します。
sudo は「管理者権限で実行」という意味です。


 
 

管理者のパスワードを入力して Enter を押すと、main.cf ファイルが開きます。


 
 

一番下までスクロールしたらキーボードの i を押して、入力できるようにします。
i は insert(テキスト挿入)という意味です。


 
 

以下のテキストを追加します。

#Gmail Settings
relayhost = smtp.gmail.com:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/gmail_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtp_use_tls = yes

 
 

追加したらキーボードの esc を押して編集を終了し、「:wq」と入力して Enter を押します。
esc は escape(エスケープ)、wq は write & quit(書き込んで終了)という意味です。


 
 
 

パスワードファイル作成

次に Gmail ログイン情報のファイルを作成します。

先ほど main.cf に追加したテキストの4行目「gmail_passwd」というファイルを作成します。
*ファイル名は変更しても問題ありませんが、main.cf と一致させてください。
 

sudo vi /etc/postfix/gmail_passwd と入力して Enter を押します。


 
 

キーボードの i を押して編集モードにして、
smtp.gmail.com:587 メールアドレス:アプリパスワード
を入力します。
*Gmail ログイン時のパスワードではなく、最初に取得したアプリパスワードを使用します。


 
 

入力したら esc を押して編集を終了し、「:wq」と入力して Enter を押します。


 
 

Finder で /etc/postfix フォルダを開いてみると、gmail_passwd というファイルが作成されていることを確認できます。


 
 
 

パスワードファイル登録

先ほど作成した gmail_passwd からデータベースを作成します。
 

sudo postmap /etc/postfix/gmail_passwd と入力して Enter を押します。


 
 

Finder で /etc/postfix フォルダを開いてみると、gmail_passwd.db というファイルが作成されていることを確認できます。


 
 
 

パスワードファイル削除

gmail_passwd ファイルは必要ないので削除しておきます。

sudo rm /etc/postfix/gmail_passwd と入力して Enter を押します。
rm は remove(削除)という意味です。


 
 
 

Postfix の再起動

ここまでの変更が反映されるように Postfix を再起動しておきます。

sudo postfix reload と入力して Enter を押します。


 
 

postfix/postfix-script: fatal: the Postfix mail system is not running
と表示された場合は、sudo postfix start と入力して Enter を押します。


 
 
 

メール送信テスト

これで Postfix の設定は完了です。

最後にターミナルからメールを送信してみます。

mail -s 件名 送信先メールアドレス [ENTERを押す]
本文を入力する
. [ENTERを押す]

 


 

メールが届いていれば完了です。


 

メールが届いていない場合は「迷惑メール」フォルダを確認してみてください。

「迷惑メール」フォルダにも届いていない場合は、メールアドレスかアプリパスワードが間違っている可能性があるので、もう一度 gmail_passwd の作成からお試しください。
 
 

まとめ

以上で設定は完了です。

MAMP などのローカル環境からも Gmail でメール送信できるようになっているので、ご興味がある方は「PHPで作るお問い合わせフォーム」もぜひお試しください

【PHP】コンタクトフォームの作り方 Bootstrap, Google Fonts を最新のバージョンに更新しました。(2021年7月2日) ここではPHP...

 

 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
挫折しないプログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest
4 Comments
古い順
新しい順 人気順
Inline Feedbacks
View all comments
のっち
のっち
1 year ago

パスワード作成のところで、「sudo vi /etc/postfix/gmail_passwd と入力して Enter を押します。」が入力してもcommand not foundになってしまいます。main.cfのファイル名は一致しています。

tanny
tanny
1 year ago

初めまして。手順通り進めまして、sudo postfix startを押してらfatal: mail system startup failed、訳したら起動失敗と出たのですが原因がわかりません。色々調べたのですが、解決策がわからず困ってます。回答お待ちしております。

4
0
この記事にコメントするx