お問い合わせフォーム

【PHP】コンタクトフォームの作り方

Sara

 
ここではPHPを使ったコンタクトフォーム(お問い合わせフォーム)の作り方を紹介します。

最近は WordPress でホームページやブログを簡単に作れるようになり、お問い合わせフォームもプラグインで簡単に追加できるようになりました。

ゼロから作ることは少なくなっていますが、お問い合わせフォームには PHP の基礎がたくさん詰まっているので、PHPの学習にはとてもオススメです。

全ての手順を紹介していますので、PHP 初心者の方もぜひ挑戦してみてください!

はじめに

デモ動画

まずはデモ動画をご覧ください。このようなお問い合わせフォームを作っていきます。

今回作るお問い合わせフォームでは

  • POST フォーム
  • 入力チェック
  • メール送信

を実装します。

私も初めて作った PHP アプリケーションがお問い合わせフォームでしたが、当時は CSS を知らなかったので以下のようなとても質素なものでした。

これだと「お問い合わせフォームを作った」という感じがしないので、今回は Bootstrap という無料で使えるサービスを使ってお問い合わせフォームらしくしていきます。

Bootstrap はフレームワークといい、難しいコードを書かずにシンプルで綺麗なフォームやボタンを作ることができます。今回は使いませんが JavaScript でモーダルや切り替えタブなども簡単に作成できます。

開発環境

以下の環境で動作確認をしています。

  • Windows + XAMPP
  • Mac + MAMP

また XAMPP や MAMP などでメール送信を行うには、別途設定が必要になります。

以下の記事でメール送信の設定・確認を行ってからお進みください。

Windows + XAMPP の方
【2023年版】XAMPPでGmailを送信する方法
【2023年版】XAMPPでGmailを送信する方法
Macの方
PostfixからGmail経由でメールを送信する方法
PostfixからGmail経由でメールを送信する方法

開発の流れ

Web アプリを作るときは、いきなり PHP のコードを書くのではなく

  1. HTML を作成
  2. CSS でスタイルを付ける
  3. PHP コードを組み込む

という手順で進めていきます。

まずレイアウトを作ることで、どこに PHP を書けば良いかを明確にできるのでミスを減らすことができます。

それでは始めていきましょう!

HTML

PHP ファイルを作成

はじめに PHP ファイルを1つ作成します。

ファイル名は何でも良いですが、必ず PHP 拡張子 ファイル名.php で作成してください。

ここでは contact.php としました。

作成したファイルを XAMPP や MAMP の htdocs フォルダに置きます。

HTMLを書く

contact.php に、以下のように HTML を書きます。

container, row, form-control など、この HTML に書いているクラス名は全て Bootstrap で指定されているクラス名です。

詳しい使い方は割愛しますが、これらの HTML は Bootstrap のドキュメントからコピー&ペーストで使うことができます。

Bootstrap ドキュメント

ブラウザで確認

ウェブブラウザで http://localhost/contact.php を開いてみましょう。

このようになっていれば HTML は完成です。

CSS

Bootstrap の CSS ファイルを読み込みましょう。

Bootstrap 5 の公式サイト https://getbootstrap.com/ を開いて、画面をスクロールすると Include via CDN という箇所があります。

1つ目のコードの アイコンをクリックしてコードをコピーします。

コピーしたコードを6行目に追加します。

ブラウザを更新してみてください。Bootstrap が適用されたでしょうか?

これでレイアウトは完成です!

PHP

全体の流れ

このお問い合わせフォームでは、メールを送信する前に「すべての項目が入力されているか」をチェックします。

すべての項目が入力されている場合は

メール送信 → 入力された項目をリセット → 完了メッセージの表示

という処理を行います。

未入力の項目がある場合は「未入力の項目があります」とメッセージを表示しましょう。

PHPコード

少し長いですが、一気に書いてしまいましょう!

追加・変更しているコードは1~49・64~74・78・81・84・87行目です。

30行目

お問い合わせメールの送信先を指定します。

31・34行目

31・34行目に書いている “\r\n” は改行コードです。

ダブルクォーテーション で囲む必要があります。

37行目

この1行でメールを送信することができます。

mb_send_mail($to, $subject, $message, $headers);
$to宛先(カンマ区切りで複数のメールアドレスに送信できます)
$subject件名
$message本文
$headers差出人、Cc、Bcc
(複数追加する場合は “\r\n” で区切ります)

エラーメッセージ

64~68行目では、エラーメッセージの表示をしています。

$err_msg が空でない場合($err_msg に文字列がセットされている場合)にエラーメッセージを表示します。 

送信完了メッセージ

70~74行目では、送信完了メッセージの表示をしています。

$complete_msg が空でない場合($complete_msg に文字列がセットされている場合)に送信完了メッセージを表示します。
 

完成

これで全て完成です!

メールが送信されるかテストしてみてください。

メールが送信されない場合は、30行目の管理者メールアドレスをご確認ください。

またローカル環境でのメール設定をしていない方は設定を行って下さい。

【2023年版】XAMPPでGmailを送信する方法
【2023年版】XAMPPでGmailを送信する方法
PostfixからGmail経由でメールを送信する方法
PostfixからGmail経由でメールを送信する方法

まとめ

いかがだったでしょうか?

一番始めにも書きましたが、最近は WordPress でウェブサイトを作ることが多くなり、お問い合わせフォームはプラグインで簡単に作成できるようになりました。

しかしメール送信は欠かせない機能です。

私が今までに頂いたウェブサービスやショッピングサイトの開発の仕事でも、メール送信機能はほぼ100%実装しました。

例えばショッピングサイトの場合

  • 受注メール(管理者宛)
  • 注文受付メール(お客様宛)
  • 支払確認メール(お客様宛)
  • 発送メール(お客様宛)
  • レビュー依頼メール(お客様宛)
  • 新着レビューメール(管理者宛)
  • ニュースレター(お客様宛)

など、たくさん種類があります。

さくっとメール機能を実装できるようになっておくと必ず役に立つと思います。

もっと PHP コードを書いてみたいという方は、ぜひ以下の記事もお読みください。

簡単シンプルなPHPカレンダーの作り方
簡単シンプルなPHPカレンダーの作り方
【PHP・MySQL】データベースに画像を保存・表示する方法
【PHP・MySQL】データベースに画像を保存・表示する方法
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィール
>> お問い合わせ
>> 書籍を出版しました!
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました