Tips

【2021年版】Ctrl2Capで「Caps Lock」を「Ctrl」キーにする方法

 
 

この記事では Ctrl2Cap を使って Caps Lock キーを Ctrl キーに変更する方法を紹介しています。


 
 

どんなアプリケーションでも Ctrl キーを使ったショートカットが多く用意されています。
 

あまり使わない Caps Lock キーを Ctrl キーとして使えるようにすることで

  • 保存 Ctrl + S
  • 検索 Ctrl + F
  • 全て選択 Ctrl + A

というショートカットが格段に使いやすくなります。
 

コードを書く以外にも、メール作成やテキスト内の検索にも役立つので、ぜひ設定しておきましょう。
 
 

Mac の方は Caps Lock キーを command キーにするのがお勧めです。

参考:【Mac】caps lockをcommandキーに変更する方法
 


 
 

設定方法

Ctrl2Cap のダウンロード

Ctrl2Cap のダウンロードページを開きます。
ダウンロード:https://docs.microsoft.com/en-us/sysinternals/downloads/ctrl2cap
 

「Download Ctrl2Cap」をクリックします。
2006年以降更新されていませんが Windows 10 でも動作確認済みです。

 
 

zip 形式でダウンロードされるので展開してください。


 
 
 

Ctrl2Cap のインストール

コマンドプロンプトを管理者として実行から開きます。


 
 

先ほど展開した Ctrl2Cap フォルダのパスをコピーします。


 
 

コマンドプロンプトに cd コピーしたパス と入力して return キーを押します。

例)cd C:¥Users¥あなたのユーザ名¥Downloads¥Ctrl2Cap

 

 
 

ctrl2cap /install と入力して return キーを押します。


 
 

Ctrl2cap successfully installed. と表示されたらインストール完了です。
パソコンを再起動して下さい。


 
 

補足:Ctrl2Cap フォルダについて

ダウンロードした Ctrl2Cap.zip と展開した Ctrl2Cap フォルダは削除しても良いですが、アンインストールする時に必要になります。
 

アンインストール方法

途中まではインストール方法と同じです。

cd C:¥Users¥あなたのユーザ名¥Downloads¥Ctrl2Cap

を入力した後

ctrl2cap /uninstall

を実行して下さい。

パソコンを再起動するとアンインストールされて、Caps Lock キーを再び使えるようになります。
 
 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx