リファレンス

list-style-typeプロパティの使い方・サンプルコード

 
list-style-typeプロパティは、表示するリスト項目のマーカーの種類を指定します。

独自の文字列や画像など自分で用意したマーカーを指定したい場合は @counter-style を使うこともできます。(Firefox のみ対応)
 

使用できる値

ol, ul {
 list-style-type: ここに値を指定
}
disc(デフォルト)●(黒い丸)
circle◯(白い丸)
square■(黒い四角)
decimal1, 2, 3…(数値)
decimal-leading-zero01, 02, 03…(ゼロ埋めされた数値)
lower-romanⅰ, ⅱ, ⅲ…(小文字のローマ数字)
upper-romanⅠ, Ⅱ, Ⅲ…(大文字のローマ数字)
lower-greekα, β, γ…(小文字のギリシャ文字)
lower-alphaa, b, c…(小文字の ASCII 文字)
upper-alphaA, B, C…(大文字の ASCII 文字)
lower-latina, b, c…(小文字の ASCII 文字)
upper-latinA, B, C…(大文字の ASCII 文字)

注意
日本語マーカーも用意されていますが、Internet Explorer や Edge など一部のブラウザで非対応となっているのでご注意ください。
一部ブラウザ非対応の日本語マーカー:hiragana(ひらがな), hiragana-iroha(いろは), katakana(カタカナ), katakana-iroha(カタカナいろは), cjk-decimal(漢数字)

 

使用例

HTML
<ol>
  <li>リスト項目</li>
  <li>リスト項目</li>
  <li>リスト項目</li>
</ol>

<ul>
  <li>リスト項目</li>
  <li>リスト項目</li>
  <li>リスト項目</li>
</ol>
CSS
ol {
  list-style-type: square;
}
ul {
  list-style-type: lower-roman;
}
実行結果

 
 

対応ブラウザ

 
 

関連するHTML要素

 
HTML タグ一覧はこちら
 
 

関連するCSSプロパティ

 

CSS プロパティ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx