リファレンス

<base>要素の使い方・サンプルコード


 

<base>

<base>要素には、HTML 文書内に含まれる全ての相対パスの基準になる URL を指定します。
 
 
 

属性

href

相対パスの基準になる URL を指定します。属性値に URL を指定している要素よりも先に書く必要があります。

例)スタイルシートよりも前に基準 URL を指定

<base href="http://sample.com">
<link href="./styles.css" rel="stylesheet">

 
 

target

リンク先のターゲットを指定します。

_blank新しいウィンドウで表示します。
_parent親要素のウィンドウにリンク先のページを表示します。
_selfリンクを記述しているページに、リンク先のページを表示します。(デフォルト値)
_topウィンドウ全体にリンク先のページを表示します。
フレーム名フレーム名を指定すると、そのフレームにページを表示します。

 
 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>タイトル</title>
  <base href="http://sample.com">
  <link href="./styles.css" rel="stylesheet">
</head>
<body>
</body>
</html>

 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx