リファレンス

<dfn>要素の使い方・サンプルコード


 

<dfn>

<dfn>要素は、テキストが定義する用語であることを意味します。

定義する用語の内容は、直近の親要素の <p>, <section>, <dl> に記述します。

デモ:<dfn> 要素

HTMLはハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語です。

 
 
 

属性

title

title 属性に指定した値が「定義する用語」になります。

<p><dfn title="HyperText Markup Language">HTML</dfn>はハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語です。</p>

 

<dfn> で囲んだテキストにマウスオーバーすると、title 属性の値がツールチップで表示されます。


 

注意
title 属性がある場合、title 属性に指定した値が「定義する用語」になります。
定義する用語が略語である場合は <abbr> 要素と組み合わせて使います。
詳しくはこのページの下にある使用例を参考にして下さい。

 
 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

① 基本的な使い方

HTML
<p><dfn>dfn要素</dfn>は用語を定義するときに使用します。</p>
実行結果
dfn要素は用語を定義するときに使用します。

 
 

② title 属性を指定する場合

HTML
<p><dfn title="HyperText Markup Language">HTML</dfn>はハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語です。</p>
実行結果
HTMLはハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語です。

 
 

③ 定義する用語が略語の場合

HTML
<p>ウェブサイトは<dfn><abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr></dfn>と<dfn><abbr title="Cascading Style Sheets">CSS</abbr></dfn>で作られています。</p>
実行結果
ウェブサイトはHTMLCSSで作られています。

 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx