リファレンス

<figure>要素の使い方・サンプルコード

 

<figure>

<figure>要素は写真・図・表などのまとまりで、自己完結型のコンテンツを意味します。
<figcaption>要素でキャプション(表題)を付けることができます。

<figure> 要素を省いたときに他の文書の流れに影響を与えないようにする必要があります。
 
 
 

属性

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

正しい使い方

HTML
<h3>XXX株式会社</h3>
<figure>
  <img src="office.jpg" alt="オフィスの様子">
  <figcaption>オフィスの様子</figcaption>
</figure>
実行結果


 

間違った使い方

以下のコードでは <figure> 要素を省くと文書の流れに影響が出るので間違った使い方になります。

HTML
<h3>XXX株式会社</h3>
<p>こちらがオフィスの様子です。</p>
<figure>
  <img src="office.jpg" alt="オフィスの様子">
  <figcaption>オフィスの様子</figcaption>
</figure>
実行結果


 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx