リファレンス

<ins>要素の使い方・サンプルコード


 

<ins>

<ins>要素は、テキストが追加された内容であることを示します。

デモ:<ins> 要素

追加したテキスト

 
 
 

属性

cite

アップデート情報・議事録など、追加した内容についての説明に関するページの URL を指定します。

<ins cite="http://sample.com/about">このテキストが追加されました。</ins>

 
 

datetime

追加した日時をグローバル日時で指定します。

<ins datetime="2020-01-31T09:45:29+09:00">このテキストが追加されました。</ins>

 

グローバル日時の書き方

例)日本時間2020年1月31日9時45分29秒

Step1: 年月日を書く → 2020-01-31

Step2: 時分秒を書く → 09:45:29

Step3: 年月日と時分秒を T で繋ぐ → 2020-01-31T09:45:29

Step4: UTC(協定世界時)とJST(日本標準時)の時差が 9 時間なので +9:00 を付ける

完成: 2020-01-31T09:45:29+09:00
 
 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

HTML
<h5>商品情報</h5>
<ul>
  <li>商品A</li>
  <li><del datetime="2020-01-31T09:45:29+09:00">商品B</del>
      <ins datetime="2020-02-01T00:00:00+09:00">商品B+</ins></li>
  <li>商品C</li>
</ul>
実行結果
商品情報
  • 商品A
  • 商品B商品B+
  • 商品C

 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx