リファレンス

<output>要素の使い方・サンプルコード

 

<output>

<output>要素は、JavaScript を使って計算結果やユーザーの操作による結果を表示することができる要素です。

デモ:<output> 要素

 
 
 

属性

for

for 属性の値と input 要素の id 属性の値を一致させることで、関連付けることができます。

複数の input 要素と関連付ける場合は空白スペースで区切ります。
 

form

関連付けたい form 要素の id を指定します。

form 属性を指定することで、form 要素の子要素に output 要素を置かなくても、同じ HTML 文書中にあるフォームに関連付けることができます。
 

以下のサンプルでは、form 要素と output 要素を関連づけています。

<form id="myForm" oninput="result.value=parseInt(num1.value)+parseInt(num2.value)">
  <input type="number" name="num1" id="num1"> + 
  <input type="number" name="num2" id="num2"> = 
</form>
<output form="myForm" name="result" for="num1 num2"></output>

 

name

要素の名前を指定します。
 

グローバル属性

全ての HTML に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

このサンプルでは、form 要素に oninput イベントハンドラーを用意し、2つの input 要素に入力された数値の合計を計算して output 要素に表示しています。
 

HTML
<form oninput="result.value=parseInt(num1.value)+parseInt(num2.value)">
  <input type="number" name="num1" id="num1"> + 
  <input type="number" name="num2" id="num2"> = 
  <output name="result" for="num1 num2"></output>
</form>
実行結果

 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx