4択クイズアプリ(Kotlin)

【Android Studio】Kotlinでつくるクイズアプリ講座  第6回「結果画面の作成」

 
この講座の目次はこちら
 

今回はクイズの正解数を表示する結果画面を作成していきます。

結果画面の完成イメージ
 
 


 

動画

準備中

 
 

テキスト

1. 結果画面のアクティビティを作成

新しいアクティビティを作成して

  • ResultActivity.kt
  • activity_result.xml

を用意しましょう。
 

app → java → com.example.quizapp(パッケージ名)の上で右クリックして New → Activity → Empty Activity を選択します。

Activityの作成
 
 

Activity Name に ResultActivity と入力して「Finish」を押します。

ResultActivityと入力
 

ResultActivity.kt と activity_result.xml が作成できたら、結果画面のレイアウトを作成していきましょう。
 
 
 

2. strings.xml の準備

クイズ画面と同じように文字列を strings.xml に用意しておきます。

strings.xmlを開く
 

10~12行目を追加します。

 

正解数を「5問中3問正解」と表示したい場合は

<string name="result_score">5問中%d問正解</string>

と書いて下さい。
 
 
 

3. レイアウトを作成

activity_result.xml を開いて以下のコードを書きます。

 

このような画面になりましたか?

結果画面のレイアウト確認
 
 

クイズ画面の作成で書いた XML とほとんど同じですが、いくつか要素を見てみましょう。
 

android:id="@+id/resultLabel"

ここにはクイズの正解数を表示します。
 
 

もう一度ボタン

もう一度クイズに挑戦できるように、クイズ画面にもどるボタンを用意します。

クイズ画面の解答ボタンには onClick 属性を使いましたが、今回は別の方法で実装するので id を付けています。
 
 
 

次に行うこと

これで結果画面のレイアウトは完成です!
次回はクイズ結果を表示してみましょう。

第7回「結果の表示とスコアの保存」に進む
 

ここまでのコード

activity_result.xml

strings.xml

 
 
 

【2021年12月公開】Android 開発のための Kotlin 入門講座

Kotlin の入門書や入門講座では「文法を学んでもそれをいつどこで使うのか分からない」「アプリ開発との関連が分からない」ということがよくあります。
 

Android 開発のための Kotlin 入門講座では「Kotlin 文法を学ぶ→アプリ開発する」を繰り返して、合計3つのアプリを開発していきます。

  • とにかく Android アプリを開発してみたい!
  • Android 開発に興味があるけれど、何から始めれば良いかわからない
  • プログラミングに挫折したことがある

という方にお勧めの講座になっています。

この講座でプログラマーへの第一歩を踏み出しましょう
 

 

講座の全内容が公開される2022年1月31日までの期間限定で50%オフで受講して頂けます。

 

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx