【Kotlin】ListViewの使い方 ④検索できるようにする

Sara

この記事では「検索できる ListView の作成方法」を紹介しています。

ListView の基本的な使い方はこちらをお読みください。

Java のコードはこちら

開発環境

ListViewSample というプロジェクトを作成して、MainActivity.kt と activity_main.xml がある状態で進めていきます。

Android StudioBumblebee 2021.2.1
Android EmulatorNexus 4 (API 32)
minSdk16
targetSdk32

検索できる ListView の作成方法

1. レイアウトの用意

activity_main.xml に SearchView と ListView を用意します。

2. ListView にデータを表示する

MainActivity.kt を開いて ListView にデータをセットします。

詳しい説明は テキストを1つ表示するサンプル をお読みください。

3. 検索できるようにする

検索機能に必要なのが18~37行目です。

必要な import 文

import の候補が2つ出てくるので

import android.widget.SearchView

を選択します。

レイアウトに

<androidx.appcompat.widget.SearchView

と書いた場合は

import androidx.appcompat.widget.SearchView

を選択してください。

19行目

フィルター機能を使うために必要です。

21~37行目

onQueryTextChange メソッドは、入力テキストに変更があったときに呼ばれます。

onQueryTextSubmit メソッドは、テキストを入力して検索ボタンを押したときに呼ばれます。

25行目

入力テキストを空白にした時に全ての検索候補が表示されるように Null チェックを入れておきます。

以上で完成です。

関連記事

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました