【Java】ListViewの使い方 ④検索できるようにする

Sara

 

この記事では「検索できる ListView の作成方法」を紹介しています。


 

ListView の基本的な使い方はこちらをお読みください。

Kotlin のコードはこちら
 

 

開発環境

ListViewSample というプロジェクトを作成して、MainActivity.java と activity_main.xml がある状態で進めていきます。

Android Studio Chipmunk 2021.2.1
Android Emulator Nexus 4 (API 32)
minSdk 16
targetSdk 32

 
 
 

検索できる ListView の作成方法

1. レイアウトの用意

activity_main.xml に SearchView と ListView を用意します。

 
 
 

2. ListView にデータを表示する

MainActivity.java を開いて ListView にデータをセットします。

 

詳しい説明は テキストを1つ表示するサンプル をお読みください。
 
 
 

3. 検索できるようにする

検索機能に必要なのが23~45行目です。

 

必要な import 文

import の候補が2つ出てくるので

import android.widget.SearchView

を選択します。


 

レイアウトに

<androidx.appcompat.widget.SearchView

と書いた場合は

import androidx.appcompat.widget.SearchView

を選択してください。
 
 

23行目

フィルター機能を使うために必要です。
 
 

30・41行目

onQueryTextChange メソッドは、入力テキストに変更があったときに呼ばれます。

onQueryTextSubmit メソッドは、テキストを入力して検索ボタンを押したときに呼ばれます。
 
 
 

以上で完成です。


 
 

関連記事

 
 
 

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました