お問い合わせフォーム

【PHP】必ず完成できる!コンタクトフォームの作り方 第2回「PHP」

ここまでの記事はこちら
 

前回はHTMLとCSSでお問い合わせフォームのレイアウトを作成したので、
今回はPHPで機能を実装していきます。
 


 

はじめに

PHPを書く前に、どのようにお問い合わせフォームが動くのか、全体の流れを紹介したいと思います。
 

 
 

お問い合わせする人は「名前・メールアドレス・件名・問い合わせ内容」を入力します。そして、送信ボタンが押されたら全ての項目が入力されているかをチェックします。
 

全ての項目が入力されている場合は

  • メールを送信
  • 完了メッセージ表示
  • 入力された項目をクリア

 

入力されていない項目がある場合は

  • エラーメッセージ表示(入力された項目はそのままにしておく)

 
という処理をします。
 
 

全体の流れ

 
 

PHP

少し長いですが、一気に書いてしまいましょう!
コード内に書けなかった説明はコード下に追記しています。
 

1~50行目、81~91行目,
95, 98, 101, 104行目のvalueを追加します。

 
 

改行について

31, 34行目に使っている“\r\n”は改行コードです。

ダブルクォーテーション[“]で囲む必要があります。

 
 

37行目

mb_send_mail($to, $subject, $message, $headers);

この1行でメールを送信することができます。
 

 

$to宛先
(カンマ区切りで複数のメールアドレスに送信できます)
$subject件名
$message本文
$headers差出人、Cc、Bcc
(複数追加する場合は”\r\n”で区切ります)

 
 

エラーメッセージ

81~85行目では、エラーメッセージの表示をしています。

$err_msgが空でない場合($err_msgに文字列がセットされている場合)にエラーメッセージを表示します。
 

 
 

送信完了メッセージ

87~91行目では、送信完了メッセージの表示をしています。

$complete_msgが空でない場合($complete_msgに文字列がセットされている場合)に送信完了メッセージを表示します。
 


 
 

これで全て完成です!
メールが送信されるかテストしてみてください????
 
 

メモ

ローカル環境でメール関数を使う場合、別に設定が必要になる場合があります。ローカル環境でメールが送信されなかった場合は、ウェブサーバー上でテストしてみてください。

 
 

完成コード

 
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

一番始めにも書きましたが、最近はWordPressでウェブサイトを作ることが多くなり、お問い合わせフォームはプラグインで簡単に作成できるようになりました。
 

しかし、メール送信は必須の機能です。
 

私が今まで頂いたウェブサービスやショッピングサイトの開発でも、メール送信機能は、ほぼ100%実装しました。

例えばショッピングサイトの場合

  • 受注メール(管理者宛)
  • 注文受付メール(お客様宛)
  • 支払確認メール(お客様宛)
  • 発送メール(お客様宛)
  • レビュー依頼メール(お客様宛)
  • 新着レビューメール(管理者宛)
  • ニュースレター(お客様宛)

など、たくさん種類があります。
 

さくっとメール機能を実装できるようになっておくと便利だと思います。
 

最後まで読んでいただきありがとうございました????
 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA