画像関連

【PHP・MySQL】データベースに画像ファイルを保存・表示する方法

 
今回は PHP と MySQL を使って画像ファイルを保存・表示する方法を紹介します。
 


 

 

はじめに

まずはデモ動画をご覧ください。

【PHP・MySQL】画像を保存・表示する方法 – #1 デモ

 
 
 

主な機能は

  • 画像をデータベースに保存
  • 画像をデータベースから取得して表示
  • Lightbox(画像の拡大表示)
  • 画像の削除

です。
 

PHP と MySQL で画像を保存する方法は、フォルダに画像をアップロードするか、データベースに直接画像を保存するかが一般的です。書籍ではフォルダにアップロードするサンプルが多いのですが、今回はデータベースに直接画像を保存していきます。
 

データベースに直接保存すると、画像を表示するときに一手間かかるのが欠点ですが、名前の重複を考慮する必要もなく削除も簡単になります。
 

データベースには

  • 画像
  • 画像の名前
  • 画像のタイプ(png, jpeg など)
  • 画像のサイズ
  • 画像の登録日

を保存していきます。
 
 

レイアウトには Bootstrap と Font Awesome を使用します。

Bootstrapはフレームワークといい、自分で CSS を書かなくてもボタンやフォーム、スマホ用のレイアウトを簡単に作成することができます。今回は Bootstrap を使って、JavaScript や jQuery のコードを書かずに Lightbox を作る方法も紹介します。
 

画像の削除リンクには Font Awesome という無料のアイコンを使います。1500個もの無料のアイコンを簡単に使うことができるので、ウェブアプリ開発には欠かせません。使ったことがない方は、ぜひ知っておくと便利だと思います🙂

 
 

全ての手順を紹介していますので、PHP初心者の方もぜひ作ってみてください!
 
 

開発環境

MAMP / PHP version7.2.10
テキストエディタCoda2
ブラウザGoogle Chrome

 
 

メニュー(全5回)

第1回「HTMLの作成」
第2回「データベースの用意」
第3回「画像を保存する」
第4回「画像を表示する」
第5回「画像を削除する」
 
 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です