リファレンス

<audio>要素の使い方・サンプルコード

 

<audio>

<audio>要素は、文書中に音声ファイルを読み込みます。

デモ:<audio> 要素

 
 
 

属性

autoplay

音声ファイルのダウンロードが完了していなくても、再生可能になった時点で自動的に再生します。論理属性です。

一部ブラウザには対応していないので、ご注意ください。

<audio controls autoplay src="sample.mp3"></audio>

 

autoplay 属性のブラウザ対応状況(2020年4月現在)


muted属性が必要

 
 

controls

音声ファイルのコントロール機能(再生・一時停止・音量・再生位置)を表示します。論理属性です。

<audio controls src="sample.mp3"></audio>

 
 

crossorigin

オリジンをまたいでリクエストを送信する CORS (Cross-Origin Resource Sharing) で音声ファイルを取得する場合に、ユーザ認証を必要とするかどうかを指定します。

anonymous(初期値)ユーザ認証は不要
use-credentialsCookie, 証明書などの送信が必要

 
 

loop

音声ファイルをループ再生します。論理属性です。

<audio controls loop src="sample.mp3"></audio>

 
 

muted

音声ファイルを再生したときに音量をミュート(消音)にします。論理属性です。

<audio controls muted src="sample.mp3"></audio>

 
 

preload

音声ファイルやメタデータを事前に読み込んでおくかを指定します。ブラウザによって動きが異なります。

auto音声ファイル全体を読み込んでおきます。
metadata音声ファイルのメタデータ(長さ・サイズなど)を読み込んでおきます。
none事前に何も読み込みません。

 
 

src

音声ファイルの URL を指定します。

<audio controls src="sample.mp3"></audio>

 
 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

HTML
<audio controls src="sample.mp3">このブラウザでは音声を再生できません。
<a href="#" type="audio/mp3">こちらからダウンロード</a>してお楽しみください。</audio>
実行結果


 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx