リファレンス

<data>要素の使い方・サンプルコード

 

<data>

<data>要素は、ブラウザに表示されるテキストとは別に、コンピュータが読み取ることができるデータを指定します。

日付や時刻に関するデータの場合は <time>要素を使用します。
 
 
 

属性

value

コンピュータが読み取れるデータを指定します。

<p>A地点までは<data value="150">150km</data>です。</p>

 
 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

このサンプルでは、クラスAの生徒名を表示して生徒番号を紐づけています。

HTML
<p>クラスA</p>
<ul>
  <li><data value="123">山田</data></li>
  <li><data value="124">田中</data></li>
  <li><data value="125">佐藤</data></li>
</ul>
実行結果


 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx