リファレンス

<time>要素の使い方・サンプルコード

 

<time>

<time>要素は、西暦や24時間表記で正確な日付を示します。
 
 
 

属性

datetime

datetime 属性の値は、検索エンジンなどコンピュータで読み取れる形式にするため

  • 24時間表記
  • グレゴリオ暦(西暦)
  • ローカル日時
  • グローバル日時

などで正確に記述する必要があります。
 

*datetime 属性は必ず指定する必要はありません
datetime 属性に指定する値と time 要素に書くテキストが同じ場合は、datetime 属性は不要です。
例)<time>2020-01-05</time>

表示するテキストが「2020年1月5日」のようにコンピュータが読み取れない文字列の場合は datetime 属性を指定します。
例)<time datetime="2020-01-05">2020年1月5日</time>

 

日付の記述例

表記方法
2020年2020
年月2020年1月2020-01
年月日2020年1月5日2020-01-05
●●●●年 第●週2020年 第24週2020-W24
時分16時25分16:25
時分秒16時25分53秒16:25:53
ローカル日時2020年1月5日 16時25分2020-01-05T16:25
グローバル日時2020年1月5日 16時25分2020-01-05T16:25+9:00
期間1週間と2日と3時間45分6秒1w 2d 3h 45m 6s *1
P9DT3H45M6S *2

*1 w(週)、d(日)、h(時)、m(分)、s(秒)
*2 P + 日数(1週間と2日なので9)+ D + T + 時間 + H + 分 + M + 秒 + S
 
 

グローバル日時の書き方

例)日本時間2020年1月5日16時25分53秒

Step1: 年月日を書く → 2020-01-05

Step2: 時分秒を書く → 16:25:53

Step3: 年月日と時分秒を T で繋ぐ → 2020-01-05T16:25:53

Step4: UTC(協定世界時)とJST(日本標準時)の時差が 9 時間なので +9:00 を付ける

完成: 2020-01-05T16:25:53+09:00
 
 
 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

例① datetime 属性を使わない場合

この映画は<time>2020-03-15</time>に公開されます。

 

例② datetime 属性を使う場合

この映画は<time datetime="2020-03-15T10:00">2020年3月15日</time>に公開されます。

 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx