作って学べるプログラミング講座
アプリを作りながら学習
自分のペースですぐに始められる
困ったら何回でも質問可能
ゲームアプリ (Catch the Ball)

【Android Studio】ゲームアプリ開発入門 第7回「結果画面の作成」

Sara

2023年11月 Android Studio Giraffe | 2022.3.1 で動作確認済み。

ここまでの記事はこちら

今回は、ゲームのスコアとハイスコアを表示する結果画面のレイアウトを作成していきます。

解説

結果画面のファイルを作成する

まずは結果画面に必要な

  • ResultActivity.java
  • activity_result.xml

ファイルを作成します。

Step 1

app → java → jp.codeforfun.catchtheball(パッケージ名)を選択した状態にします。

Step 2

右クリック → New → Activity → Empty Activity を選択します。
(* Android Studio Flamingo 以降は Empty Views Activity を選択)

Step 3

Activity Name に ResultActivity と入力して「Finish」を押します。

これで ResultActivity.java と activity_result.xml が作成されました。

レイアウトを作成する

次に結果画面のレイアウトを作成していきます。

activity_result.xml を開いて、以下のように書いてください。

Warning が出ている箇所があると思いますが、最後に修正するのでそのままにしておいて下さい。

このような画面になりましたか?

第2回「ゲーム画面の作成」で書いた XML とほとんど同じですが、いくつか要素をみていきます。

android:id=”@+id/scoreLabel”

ここにはゲームのスコアを表示します。

android:id=”@+id/highScoreLabel”

ここにはハイスコアを表示します。

このハイスコアはゲームデータとしてアプリに保存されるようにします。

「もう一度プレイ」ボタン

もう一度ゲームに挑戦できるようにするための、ゲーム画面にもどるボタンです。

ここで新しく出てくるのが android:onClick=”tryAgain” です。

これは「ボタンを押した時に tryAgain メソッドを呼びます」という設定です。

tryAgain メソッドには、ゲーム画面にもどる画面遷移の処理を書いていきます。

今は「tryAgain」の文字が赤くなっていると思います。

これは「tryAgain メソッドがありません!」という警告です。

次回 ResultActivity.java を書くときに消えますので、そのままにしておいて大丈夫です。

onClick 属性を使ったクリックイベントは非推奨になりました。現時点でアプリの動作に影響はありませんが、id 属性を使った書き方に変更することをオススメします。参考:【Android Studio】ボタンのクリックイベントの書き方 – Java編

次に行うこと

これで結果画面のレイアウトは完成です!次回はスコアの表示とハイスコアの保存を実装していきます。

Subscribe
Notify of
guest
2 Comments
古い順
新しい順 人気順
Inline Feedbacks
View all comments
ken
ken
1 year ago

ありがとうございます。

ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィールはこちら
>> 書籍を出版しました!
>> お問い合わせはこちら
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

2
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました