MAMP

【2019年版】MAMPのインストール方法(Windows & Mac対応)

ここでは、2019年2月現在 https://www.mamp.info/en/ で公開されている

  • Windows 版 MAMP 4.1
  • MacOS 版 MAMP 5.2

のインストール方法を紹介します。
 

Windows → Mac の順番でインストール方法を紹介していきますので、お使いのパソコンに合わせてインストールを進めてください。
 

【2019年版】初心者向け おすすめレンタルサーバー比較 さくら・ロリポップ・エックスサーバー自分の WordPress ブログを始めたり、開発したWebアプリを公開するときに必要になるのがレンタルサーバーです。 初めてレン...
 


 

MAMPのインストール Windows 編

インストール

https://www.mamp.info/en/にアクセスして「Free Download」を押します。


 

Windows 版を選択します。


 

ダウンロードが終わったら、インストーラーを開きます。
 

今回は MAMP PRO は使用しないので、2つともチェックを外します。


 

利用規約です。「I accept the agreement」を選択して「Next」を押します。


 

インストール先を選択して「Next」を押します。


 

フォルダ名を確認して「Next」を押します。


 

デスクトップにアイコンを作成したい場合はチェックを入れて「Next」を押します。


 

「Install」を押します。


 

インストールが終わったら「Finish」を押します。


 

「Finish」を押します。


 

サーバーを起動する

インストールした MAMP を開いて「Start Servers」を押します。


 

「Apache Server」と「MySQL Server」の横に緑色のランプがついたら、サーバーの起動完了です。


 

PHP のテスト

テキストエディタ を開いて、以下のコードを書きます。

<?php
	echo "MAMPの設定が完了しました!";
?>

 

コードを書いたらファイルを保存してください。

このときファイルの保存先は、必ず MAMPフォルダ内の htdocs フォルダを選択します。(変更も可能ですが、ここでは初期設定のまま進めます。)
 

ファイル名に「test.php」と入力して「保存」を押します。

 

次に Internet Explorer や Chrome などのウェブブラウザを開いて
http://localhost/test.php にアクセスします。

このように表示されれば成功です。


 
 

* http://localhost/test.php でアクセスできない場合

「Stop Servers」を押してサーバーを停止します。


 

メニューの「MAMP」→「Preferences…」を押します。


 

「Ports」タブを開いて「Set Web & MySQL ports to 80 & 3306」を選択し、「OK」を押します。


 

サーバーを起動して http://localhost/test.php にアクセスしてみてください。
 
 

MySQL の確認

最後に MySQL が正しくインストールされているか確認してみます。

MAMP の「Open WebStart page」を押します。


 

「phpMyAdmin」というリンクがあるので、クリックします。


 

phpMyAdmin の管理画面が表示されたら完了です。


 
 

MAMPのインストール Mac 編

インストール

https://www.mamp.info/en/にアクセスして「Free Download」を押します。


 

Mac 版を選択します。


 

ダウンロードが終わったら、インストーラーを開きます。


 

インストーラーを開いたら「続ける」を押します。


 

「Applications フォルダに MAMP をインストールするので、場所を移動したり、名前を変更しないように」という注意書きです。
「続ける」を押します。


 

使用許諾契約の確認です。「続ける」を押します。


 

「同意する」を押します。


 

インストール先を選択して「続ける」を押します。


 

「インストール」を押します。


 

インストールが完了したら「閉じる」を押します。


 

サーバーを起動する

インストールした MAMP を開くと MAMP Cloud の案内が表示されます。こちらは不要なので毎回表示されないようチェックを外して、閉じてください。


 

サーバーを起動するには「Start Servers」を押します。


 

「Apache Server」と「MySQL Server」の横に緑色のランプがついたら、サーバーの起動完了です。


 

PHP のテスト

テキストエディタ を開いて、以下のコードを書きます。

<?php
	echo "MAMPの設定が完了しました!";
?>

 

コードを書いたらファイルを保存してください。

このときファイルの保存先は、必ず MAMPフォルダ内の htdocs フォルダを選択します。(変更も可能ですが、ここでは初期設定のまま進めます。)
 

ファイル名に「test.php」と入力して「保存」を押します。


 

次に Safari や Chrome などのウェブブラウザを開いて
http://localhost:8888/test.php にアクセスします。

このように表示されれば成功です。


 
 

このままでも良いですが、より簡単にアクセスできるよう「localhost:8888」の部分を「localhost」で使えるように変更しておきます。
 

「Stop Servers」を押してサーバーを停止します。


 

メニューの「MAMP」→「Preferences」を押します。


 

「Ports」タブを開いて「Set Web & MySQL ports to 80 & 3306」を選択し、「OK」を押します。


 

「Start Servers」を押してサーバーを起動し http://localhost/test.phpにアクセスします。

先ほどを同じ画面が表示されたら完了です。


 

これで、htdoc フォルダ内に置いたファイルは http://localhost/ファイル名 でアクセスできるようになります。
 

MySQL の確認

最後に MySQL が正しくインストールされているか確認してみます。

MAMP の「Open WebStart page」を押します。


 

「phpMyAdmin」というリンクがあるので、クリックします。


 

phpMyAdmin の管理画面が表示されたら完了です。

 
 

【2019年版】初心者向け おすすめレンタルサーバー比較 さくら・ロリポップ・エックスサーバー自分の WordPress ブログを始めたり、開発したWebアプリを公開するときに必要になるのがレンタルサーバーです。 初めてレン...

 

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、携帯アプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂

POSTED COMMENT

  1. アバター けい より:

    始めまして。ブログ見てMAMPを設定したのですが、必ず「The requested URL /test.php was not found on this server.」こう出てしまいます。どの段階でエラーが起きているのでしょうか。すみません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です