リファレンス

<option>要素の使い方・サンプルコード

Sara

<option>

<option>要素は、<select>要素<datalist>要素の子要素として選択肢を作成します。

デモ:option要素

属性

disabled

ユーザーが選択肢を選択できないようにします。論理属性です。

この属性をつけた選択肢はクリックやフォーカスができなくなります。

label

選択肢の意味を説明する文字列を指定します。

selected

初期状態で選択しておく項目を指定することができます。論理属性です。

value

フォームで送信する値を指定します。value 属性を省略すると選択肢の文字列が値になります。

グローバル属性

全ての HTML に共通して使用できるグローバル属性はこちら

使用例

例① select の子要素として使用する

このサンプルでは、初期状態で「黄」が選択されていて、「緑・黒」は選択できない状態になっています。

HTML

<select name="color">
  <option value="">選択してください。</option>
  <option value="red"></option>
  <option value="blue" selected></option>
  <option value="yellow"></option>
  <option value="green" disabled></option>
  <option value="black" disabled></option>
</select>

実行結果

参考:<select> 要素 – HTMLサンプル・リファレンス

例② datalist の子要素として使用する

<datalist> 要素と組み合わせると、input 要素に入力候補を表示させることができます。

HTML

<input type="text" list="color-list" placeholder="色を入力してください。">
<datalist id="color-list">
  <option value="赤">
  <option value="青">
  <option value="黄">
  <option value="緑">
  <option value="白">
</datalist>

実行結果

参考:<datalist> 要素 – HTMLサンプル・リファレンス

対応ブラウザ

関連するタグ

HTML タグ一覧はこちら

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました