リファレンス

<u>要素の使い方・サンプルコード

 

<u>

<u>要素は、文章中のスペルミスや中国語の固有名詞を示します。

<u> 要素で囲んだテキストには通常「下線」が引かれますが、単にテキストを装飾したいだけの場合は CSS の text-decoration プロパティでスタイルを指定します。
 

<u> 要素は他の要素で代用できることがあるので、以下の要素を使うことができないか検討をお勧めします。

  • <b>:重要性が低いテキストを太字にする
  • <cite>:創作物のタイトル
  • <em>:重要性が低いテキストを強調する
  • <i>:通常のテキストと区別する
  • <mark>:ユーザーの行動・操作に関するテキストを目立たせる
  • <strong>:重要性が高いテキスト
デモ:<u> 要素

あいうえおかくきけこさしすせそ

 
 
 

属性

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

例① 基本的な使い方

HTML
あいうえお<u>かくきけこ</u>さしすせそ
実行結果
あいうえおかくきけこさしすせそ

 

例② スペルミスに赤い波線をつける方法

HTML
あいうえお<u class="spelling">かくきけこ</u>さしすせそ
CSS
.spelling{
  text-decoration: red wavy underline;
}
実行結果
あいうえおかくきけこさしすせそ

 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
Code for Fun プログラミング講座

 

 
Code for Fun プログラミング講座では「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

  • 何か一つ形にしてみたい!
  • 次に何をして良いか分からない…
  • プログラミングに挫折しそう…

という方にオススメです。

詳しくみる

guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx