リファレンス

<i>要素の使い方・サンプルコード


 

<i>

<i>要素は、専門用語・人物の思考・他言語のフレーズなどのテキストを通常のテキストと区別するために使用します。
 

ブラウザ上での見た目は <em>要素と同じですが

  • <em> はテキストを強調する
  • <i> は専門用語・人物の思考・他言語のフレーズなどのテキストを区別する

という違いがあります。
参考:【HTML】b, strong, em, i, cite, mark要素の使い分け
 

<i> で囲んだテキストは通常「斜体」になりますが、単にテキストを装飾したいだけの場合は CSS の font-style プロパティでスタイルを指定します。

デモ:<i> 要素

タイトルを見て「面白そうだな」と思った。

 
 
 

属性

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

HTML
タイトルを見て<i>面白そうだな</i>と思った。</p>
実行結果
タイトルを見て面白そうだなと思った。

 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx