作って学べる
プログラミング講座
アプリを作りながら学習
自分のペースですぐに始められる
困ったら何回でも質問可能
リファレンス

<source>要素の使い方・サンプルコード

Sara

<source>

<source>要素は、<picture>要素<video>要素<audio>要素の子要素として使うことで、画面サイズや端末に応じて切り替えるリソースを指定することができます。

属性

media(picture 要素のみ)

リソースがどのメディアに対応しているのかメディアクエリを指定します。

sizes(picture 要素のみ)

srcset 属性を幅で指定した場合のみ有効になります。

sizes 属性の値は、画像を表示する条件を表すメディア条件と、条件に一致したときの画像サイズで指定します。画像サイズはピクセル密度指定子ではなく、幅指定子で指定します。

<picture>
    <source srcset="img/320.png 320w,
                    img/640.png 640w,
                    img/1024.png 1024w"
            sizes="(max-width: 320px) 200px, (max-width: 640px) 400px, 800px">
    <img src="img/1024.png"  alt="画像" />
</picture>

src

リソースの URL を指定します。
<audio> 要素と <video> 要素では必須ですが、<picture> 要素は srcset 属性の値が使われるので src 属性は無視されます。

srcset(picture 要素のみ)

ブラウザのスクリーンサイズやピクセル比によって表示する画像を切り替える場合に、画像 URL を指定します。

切り替える条件は「幅記述子」または「ピクセル密度記述子」で指定することができます。

① 幅記述子で切り替える場合

幅記述子で記述すると、ユーザーのビューポート(ブラウザ)幅によって画像の切り替えポイントを指定することができます。

<picture>
    <source srcset="img/320.png 320w,
                    img/640.png 640w,
                    img/1024.png 1024w">
    <img src="img/1024.png"  alt="画像" />
</picture>

このコードでは

  • 幅が 320 の場合は img/320.png
  • 幅が 640 の場合は img/640.png
  • 幅が 1024 の場合は img/1024.png

と切り替えることができます。

② ピクセル密度記述子で切り替える場合

ピクセル密度記述子で記述すると、ユーザーのビューポート(ブラウザ)の解像度よって画像の切り替えポイントを指定することができます。

ピクセル密度で切り替える場合は「数値x」と書きます。

<picture>
    <source srcset="img/320.png 1x,
                    img/640.png 2x,
                    img/1024.png 3x">
    <img src="img/1024.png"  alt="画像" />
</picture>

type

リソースの MIME タイプを指定します。

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら

使用例

例① video 要素内で使う

<video controls width="320" height="200">
  <source src="sample.mp4" type="video/mp4">
  <source src="sample.mov" type="video/quicktime">
  このブラウザでは動画を再生できません。
</video>

例② picture 要素内で使う

このサンプルでは

  • ビューポート幅が 640px 以下の場合は img/640.png
  • それ以外の場合は img/1024.png

を表示します。

<picture>
  <source srcset="img/640.png"
          media="(max-width: 640px)">
  <img src="img/1024.png" alt="画像" />
</picture>

このコードのデモをみる

対応ブラウザ

関連するタグ

HTML タグ一覧はこちら

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィールはこちら
>> 書籍を出版しました!
>> お問い合わせはこちら
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました