リファレンス

<th>要素の使い方・サンプルコード


 

<th>

<th>要素は、テーブルの見出しセルを表します。

デモ:<th> 要素

 
 
 

属性

* align, axis, char, charoff, height, valign, width 属性は廃止されました。
 

abbr

セルについての簡単な説明を書くことができます。
 

colspan

セルを横方向に何列分広げるかを指定します。デフォルトは 1 で、1000 まで指定できます。
 

rowspan

セルを縦方向に何行分広げるかを指定します。デフォルトは 1 で、65534 まで指定できます。
 

headers

どの見出しセルと関連しているかを <th> 要素の id 属性の値で指定します。複数指定する場合は半角スペースで区切ります。
 

scope

見出しセルが、どの行や列に対応するかを指定します。

auto(既定値)自動的に判断されます。
col同じ列に属するすべてのセルに対応する。
row同じ行に属するすべてのセルに対応する。
colgroup列グループに属し、その中のすべてのセルに対応する。
rowgroup行グループに属し、その中のすべてのセルに対応する。

 

グローバル属性

全ての HTML 要素に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

例① colspan を使ったテーブル

HTML
<table class="table">
  <tr>
      <th colspan="3">ヘッダー</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>1</td>
    <td>2</td>
    <td>3</td>
  </tr>
</table>
CSS
.table {
  width: 300px;
  border-collapse: collapse;
}
.table th, .table td {
  border: 1px solid lightgrey;
}
実行結果

 

例② rowspanを使ったテーブル

HTML
<table class="table">
  <tr>
      <th rowspan="2">ヘッダー</th>
      <th>ヘッダー2</th>
  </tr>
  <tr>
      <th>ヘッダー3</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>1</td>
    <td>2</td>
  </tr>
</table>
CSS
.table {
  width: 300px;
  border-collapse: collapse;
}
.table th, .table td {
  border: 1px solid lightgrey;
}
実行結果

 

例③ rowspan と colspan を使ったテーブル

HTML
<table class="table">
  <tr>
      <th rowspan="2">A</th>
      <th colspan="2">B</th>
  </tr>
  <tr>
    <th>C</th>
    <th>D</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>1</td>
    <td>2</td>
    <td>3</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>1</td>
    <td>2</td>
    <td>3</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>1</td>
    <td>2</td>
    <td>3</td>
  </tr>
</table>
CSS
.table {
  width: 300px;
  border-collapse: collapse;
}
.table th, .table td {
  border: 1px solid lightgrey;
}
実行結果

 

その他サンプルはこちら:<table>要素の使い方・サンプルコード – HTMLリファレンス
 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx